睡眠美容のベストパートナー!?良質の睡眠と美肌をゲットできる飲み物を発見!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月1日 21時30分

写真

季節の変わり目、良く眠れていますか?急に寒くなり、身体が気候の変化についていけず、体調を崩しがちな季節は、良質の睡眠をとって身体を休ませることも大切。睡眠中は、副交感神経の働きが活発になり、筋肉の緊張が緩むことで全身の血流量が増加し、細胞に酸素と栄養、成長ホルモンが届けられ細胞が生まれ変わる大切な時間。お肌や美髪のためにも良質の睡眠は欠かせませんね。朝から疲れている、なかなか熟睡できない、という方には、『菊花茶(きっかちゃ)』が良質の睡眠をサポートしてくれそうですよ!

■菊花茶ってなに?

菊花茶は、食用菊を乾燥させて作られたお茶で、中国では古くから親しまれています。秋の風邪や、咳、目の痒み、ニキビ、お肌の赤みや痒みの改善に用いられ、毛細血管を拡張させる働きがあるとされています。
クセがなく飲みやすいお茶ですが、喉を潤すハチミツを加えて甘くして飲むことの多いお茶です。

■睡眠美容に菊花茶がオススメな理由3つ

(1)眠れない夜に
オリザ油化株式会社の研究によれば、菊花エキスには、脳の興奮を抑えリラックスした状態を作る神経物質GABAの合成を促し、睡眠を改善する効果がある、とのこと。
同じキク科のお茶「カモミール」は、ヨーロッパでは安眠を促すハーブティとして親しまれていますね。菊花茶にも、同様の効果が期待できるようです。

(2)秋バテ肌を修復!
お肌を支える真皮には、コラーゲンやエラスチンなどの成分が存在し、それらを「フィブロネクチン」というタンパク質がつなぎ合わせています。コラーゲンには2種類あり、基底層の膜を作っているⅣ型コラーゲンがダメージを受けると、ハリが失われシワとなりやすいのですが、菊花エキスには、コラーゲンをつなぎ合わせる「フィブロネクチン」と、お肌の土台となるⅣ型コラーゲンの出現も促す、とのこと。
夏の強い紫外線により、コラーゲン分解酵素が刺激されコラーゲンが減ってしまった秋バテ肌の修復を早めてくれるかも!?

(3)生理前のニキビにも!?
菊花に含まれるポリフェノールは、大豆イソフラボンのように体内でエストロゲンと同じ様な作用をするそうです。エストロゲンは、皮脂分泌を抑制する効果があり、菊花茶はニキビの改善にも用いられてきたお茶ですから、生理前ニキビにお悩みの方にオススメ。良質の睡眠と美肌をサポートしてくれる菊花茶なのですが、身体を冷やす性質があるため飲み過ぎはNG。とくに冷えが気になる方は、ホットで飲みましょう。
菊花茶は、薬局などで買う事ができますから、最近しっかり眠れていない……、夏の疲れがお肌に残っている……と感じている方は、ぜひチャレンジしてみて!
(岩田麻奈未)

【関連記事】
・「同じ睡眠時間」でも「睡眠エステ時間」が大幅アップする方法が判明!

【参考】
※菊の花エキス - オリザ油化株式会社
※GABAの効果 – ギャバ・ストレス研究センター

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング