冬のケアは保湿だけじゃない!血行不良が肌老化を引き起こす!?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月13日 12時15分

写真

冬に起きる肌トラブル。原因は、乾燥だけではないことをご存知でしたか? 人の身体は、寒さによって皮膚の血流量が少なくなります。これにより、栄養分が皮膚に行き届かなくなることから、肌老化が進んでしまう恐れもあるのです。 冬の肌トラブルに打ち勝つためには、肌の血行をよくするためのケアを積極的に取り入れることが大切です。

■乾燥だけじゃない!寒さで肌が老化する!?

冬といえば乾燥。きっとあなたは日々保湿に励んでいることでしょう。けれど、意外と盲点になりがちなのが、血行不良による肌への影響。気温が下がると、血流が脳や心臓に集中し、体温が下がらないように調整されます。しかし、その反面、皮膚などの体表面や手足などの末端には、血液が流れにくくなってしまうのです。
皮膚に流れる血液が減ってしまうと、栄養が届きにくくなるだけでなく、老廃物の排泄も滞りがちに。よって、皮膚の代謝も悪くなってしまいます。すると肌のバリア機能が弱まって肌の力が衰えてしまい、乾燥や肌荒れなどが起こりやすくなってしまうのです。


■血行促進が肝心!マッサージをしよう

冬に肌の血行が悪くなるのは仕方のないこと。もちろん、体を冷やさないようにするのも大切ですが、肌の血行促進のために、直接マッサージしたり、圧力を加えたりすることも有効だといわれています。 特に効果的なのは、全身の血のめぐりがよくなるバスタイムに、マッサージクリームを使いながらマッサージすること。ゴシゴシこすって肌に負担をかけすぎないように注意しながら、指の腹でやさしくすべらせるようにして血行を促しましょう。


■顔のストレッチ体操もおすすめ

手を使うだけでなく、自分で顔の筋肉を動かすことでも、血流はよくなります。シワやたるみの予防や改善にもなるといわれているので、一石二鳥ですよ!
顔のストレッチ体操をすれば、表情筋が鍛えられるだけでなく、筋肉の周りに通っている多数の血管が刺激され、肌への血流が促されます。すると、栄養が運ばれ、老廃物も除去されるので、新陳代謝が活発になります。 例えば、軽く目を閉じて眉だけを引き上げたり、口をすぼめて「O(オー)」の形を作ったり、上を向きながら舌を前にできるギリギリのところまで出したりする動きを、各3回ずつ繰り返します。とても簡単にできるので、気が付いたときにやってみてください。

冬の肌ケアは、乾燥対策だけでなく、肌付近の血流をよくすることも大切。新陳代謝を上げ、流れが滞らないように、マッサージや顔ストレッチ体操も積極的に取り入れてみてくださいね。

(LBR編集部)

【関連記事】
・冷え女子さんも血行促進!冷え取りがスゴイ●●ショウガを1週間続けると…

【参考】
※手のひらの温もりの力で、巡りの良い肌へ – 株式会社カネボウ化粧品
※顔ヨガ・表情筋運動 – 皮膚臨床薬理研究所株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング