水・お湯だけ洗顔の人に注意報!冬の朝の美肌作りテク3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月7日 19時0分

写真

女性たるもの日々気温が下がるごとに、気になってしまうのが肌の乾燥。カサカサ肌を予防するためにうっかりやりがちだけど、実は逆効果になってしまうNG美容とともに冬の朝の美肌作りテクニックをご紹介します。

■約半数の女性がしている冬の朝の水・お湯だけ洗顔は実はNG

oricon MEが女性の秋冬の肌ケアの実態を調べるために、特に変化と影響が大きい朝の洗顔にスポットを当てて、意識実態調査を実施したところ、約半数の女性が冬は朝洗顔料を使わずに水・お湯だけの洗顔を行っていることが明らかになりました。冬の朝洗顔で洗顔料を使用しない理由に74.5%の人が「肌が乾燥すると思うから」という意見を挙げました。しかしながら冬に水・お湯洗顔に変更する人の31.4%は、肌のテカリ・べたつきが気になっており、洗顔料を使わないことが正解とは言えないようです。

■冬の朝にうるっと美肌をつくるためのテクニック3つ

(1)Tゾーンを中心に洗顔料で優しく洗う

冬場で肌が乾燥してくると実感しづらくなりますが、実は冬も皮脂は出ています。肌が乾燥しないように、過剰に皮脂が出ている場合も多いのでテカリやべたつきを予防するためにも乾燥が気になる時期も皮脂腺が多く分布しているTゾーンを中心に洗顔料を使うようにしましょう。


(2)冬の朝こそブースターを活用

日に日に朝のスキンケアが馴染みにくくなり、肌がゴワつき始めるこれからの季節に救世主となってくれるのがブースター(導入液)の存在。化粧水の浸透を高めてくれるとともに、肌を柔らかくしてくれるので、冬こそスキンケアの最初に使いたいマストアイテムです。


(3)乳液はコットンでしっかり浸透

肌の乾燥を防ぎ、キメを整えるためにも欠かせないのが乳液。この時期は特に肌を乾かせないためにも、乳液はコットンでつけるようにしましょう。肌をほぐしながら潤いをプラスするためにもコットンでムラなくなじませるのが正解。そうすることでターンオーバーを促すメリットも。


乾燥が気になる季節もトラブル知らずのうるるん美肌を手に入れたいものですね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・ココが分かれ道!洗顔で「キレイになれる人」が守っている4つのオキテ

【参考】
※『秋冬の洗顔意識・実態調査』 – オリコン株式会社
※トロアサボン – 洗顔方法 – 株式会社ユニヴェール
※コットンレッスン – アルビオン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング