冬ぐすみを根絶せよ!寒い季節のクマ対策と緊急レスキュー法

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月17日 19時45分

写真

立冬も過ぎ、気温の低下とともに気になってくるのが顔の血色。冬になると顔色がくすんだりクマができてしまう原因と、その緊急レスキュー法についてお話しします。

■冬は血流が低下してクマができやすい

白い肌に赤い頬といった白雪姫のような、いきいきとした肌のために大切なのは、実は血液の流れ。血流がよいと皮膚の新陳代謝がスムーズに行われ、肌全体の働きもよくなり、血色もよくなります。しかしながら冬は気温が低下して空気が乾燥することで、どうしても血流が滞りがち。それにより目の下のクマが目立ったり、どんより冴えない顔色になってしまいます。


■目の下のクマを予防するには?

クマやくすみ対策に重要なのは保湿と血行促進。くすみが気になる時は、普段よりも保湿力が高い化粧水に変えてみたり、入念にスキンケアをするようにしましょう。また、目のまわりは円を描くように優しくマッサージしながらなじませることでクマ対策にも。疲れ目は目の周りの血流を停滞させてしまい、クマの原因になりますので、PC作業の後は目を休めてあげたり、温タオルで温めてあげるといった工夫が大切です。


■もしもクマができてしまった時のコンシーラーのコツ

クマができてしまった場合はすかさずコンシーラーで隠したいものですが、うまく隠せないとカバーするどころが悪目立ちしてしまうことも。コンシーラーでクマを隠す場合のコツは、ずばりコンシーラを塗る範囲。塗る時も伸ばす時も、クマの範囲にぴったりおさめることが大切。クマの範囲より少なくても、はみ出して塗っても十分な効果が得られず、クマを上手に隠しきれません。あくまでもクマの範囲ぴったりに塗ることを心がけましょう。


血色の悪くなりがちな寒い季節も、クマ知らずの透明感ある肌で過ごしたいものですね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・秋の夜長は夜更かしに注意!クマは自己ケアでは治りにくい!?

【参考】
※くすみ・くま対策 – 皮ふ科に聞く ミニ知識 – 資生堂
※目の下のクマを隠すには – 花王ソフィーナ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング