低体温症と冷え性は違う!?女子に多い低体温症とは

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月15日 19時0分

写真

女性に多いといわれている低体温。「低体温」は、病名ではなく、なんらかの理由で体温が35℃台になってしまっている状態。私たちの身体は、36℃台で正常に機能するため、体温が低いと代謝が滞り、お肌にも悪影響が……。頑固なくすみや乾燥は、低体温が原因かも知れませんよ。

■「低体温」と「冷え性」って違うの?

低体温とは、体温計ではかった時の体温が35℃台になってしまっている状態。手足などが冷えていたとしても、体温計で体温を測ってみて36℃台の体温がある場合は、低体温ではありません。
冷えの場合、何らかの原因で血流が滞り、熱を運ぶ力が弱まっていることが原因の場合が多いのですが、低体温の場合、そもそもの熱を生み出す力が弱まっていて体温が低くなってしまうそう。
特に冷えの自覚症状がない場合でも、ほかの人に比べて手足が冷たい、風邪をひきやすいなど、汗をかかない、など気になる症状のある方は、基礎体温を測って、平熱をチェックしてみましょう。


■低体温とお肌の関係は?

体温が1℃下がると、基礎代謝が約12%低下すると言われています。基礎代謝が低下すると新陳代謝も低下してしまい、新しい細胞を作るスピードが乱れ、新しい角質がスムーズに作られず、乾燥やくすみを引き起こす原因に。
また、身体深部の体温が下がると腸も冷えてしまいます。腸の温度が下がると、腸の働きが悪くなり、下痢や便秘といった腸トラブルを引き起こします。本来排出されるべき老廃物や毒素が体内に滞ることで、皮膚からも排出しようとしてニキビや肌荒れの原因になってしまいます。


■低体温を防ぐ食習慣2つ


(1)タンパク質をしっかり食べる

筋肉は、脳の次にエネルギーを消費するため、基礎代謝を高めるためには筋肉が大切。肉・魚・卵・乳製品・大豆など、タンパク質の多い食べ物を1日200gを目標に食べましょう。


(2)シナモンやココアを習慣にする

シナモンやココアは、血流をスムーズにして末梢血管まで血液を運ぶ効果があるそう。体内で作られた熱を血液にのせて運ぶことで、身体の隅々まで温めることができます。
特に体温の低い朝は、コーヒーをココアに変える、シナモントーストを食べる、などシナモンやココアを習慣にしましょう!

低体温の原因は、食生活だけでなく、睡眠不足や運動不足など、生活習慣も関係しています。体温が1℃下がると、免疫力が30%低下する、とも言われていますから、日頃から風邪をひきやすい、疲れやすい、頑固な冷えに悩んでいるなど、心当たりのある方は、基礎体温をつけて低体温症かどうかチェックしてみて!

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・36度未満は危険!肌トラブルを招く低体温の恐怖

【参考】

※低体温について - オムロンヘルスケア
※「冷え性」はなぜおこるか? - テルモ体温研究所
※ココアの冷え性改善効果 - ココア栄養研究所
※成分情報 シナモン – 株式会社わかさ生活

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング