冬バテを放っておくとシワになる!?今すぐ取り入れたい冬バテ対策法

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月27日 20時0分

写真

ますます冷え込む今日この頃。肌の乾燥、むくみ、体がだるい、頭痛と肩こりの悪化、疲れやすい、胃腸の調子が悪い、風邪を引きやすい、などの不調を感じていませんか? 
そんな人はもしかしたら「冬バテ」に陥っているかもしれません。外と屋内の温度差が激しくなるほど起きやすい冬バテ。放っておくと肌にも影響があるのです!

■冬バテって何?

冬バテの原因も夏バテと同じく、屋内と屋外の温度差に体がついていけず、体温調節をコントロールしている自律神経のバランスを崩してしまうのが主な原因なのだとか。寒さで体内の血流が滞りがちになることも、冬バテの症状を起こさせる原因の一つです。


■放っておくとシミやしわにつながる!?

冬バテは夏バテと同様、数々の体調不良を引き起こしますが、放っておくと肌にも影響が及び、乾燥だけでなく、シミやしわにつながる恐れもあるといわれています。冬バテの症状を少しでも感じている人は、美肌のためにもぜひしっかりと対策をとりましょう。

冬バテ対策のポイントは3つ。温度に気を付けることと、乱れた自律神経を正常に正すこと、水分補給をマメにすることです。


■冷え対策と規則正しい生活、水分補給を意識して

具体的な対策として、まず冷え対策。屋外と屋内の気温差は自律神経が乱れる原因となります。出かける時の服装はもちろん、寝るときも朝起きたときの寒さのことを考えて暖かい格好をしましょう。入浴時もしっかりと湯船につかることや、暖かいドリンクを意識的に摂取して胃腸を温めることが大切です。

また、乱れた自律神経を正すには、夜はぐっすり眠り、朝や昼は太陽の光を浴びて軽く運動をするなどして、「休む・活動する」の区分けをハッキリつけるのがコツです。

さらに冬バテ対策で有効といわれているのが、水分補給。冬はただでさえ外気が乾燥している上に、エアコンによって室内もさらに乾燥しがち。この中で過ごしていると体内の水分がどんどん失われていきます。
水分が減ると肌が乾燥するだけでなく、老廃物を排出しにくくなるので、新陳代謝力が低下してしまう恐れもあります。冬も常に水分補給を心がけるようにして、乾燥から身を守るようにしましょう。


冬に起きる肌トラブル。乾燥だけでなく、冷えや自律神経の乱れによって、体全体が不調になることで、肌トラブルやシミ・しわも引き起こしてしまうことを覚えておきましょう!


(LBR編集部)

【関連記事】
・見た目が一気に老けちゃう!敏感肌女性の74%が「目元にシワがある」と判明

【参考】
※冬バテと自律神経 – 箱蔦医針堂
※アルカリイオンの水通信 Vol.0 冬の水分補給 – キリン
※「秋バテ・冬バテ解消法」についてひと言アドバイス! – エステ・ステーション

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング