美女は密かに実践している!飲み過ぎ&食べ過ぎても肌荒れしない方法

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月4日 12時0分

写真

忘年会シーズンが到来ですね! 「飲み過ぎ&食べ過ぎて毎年後悔している……。」そんな方も、今年こそ、そのネガティブループから卒業するチャンス。美しさをキープしている人は、欲望に負けることなく密かにこの方法を実践しています。そこで本日は、飲み会続きでも美しい美女の秘密を探っていきましょう。

■飲み会続きで起こる肌荒れや体の不調

外食が続くと、つい自分の好きなものばかりオーダーしていませんか? しかも、それって味の濃いものばかり……。人間の脳は、糖質や脂質が多く含まれているものを「おいしい!」と感じる傾向にあるため、気がつくとカロリーだけでなく糖や油もオーバー摂取状態に。また、カロリーが高く食べると喜びを感じる食品は、脳内で快楽物質を多く分泌する働きがあるので、食べ出すと止まらなくなってしまう場合も。

エネルギーが高いものを食べ続けていれば当然体重も増加し、体内に過剰な毒素が溜まって肌荒れの原因に。高温加熱された加工食品を避け、糖質の摂り過ぎに注意しましょう。


■飲み過ぎ&食べ過ぎても肌荒れしない方法

外食とはいえ、実はこっそりと食べ方を工夫しているのが美女。やみくもに好きなものだけを食べて、「やっちゃった……」と後悔する前に、明日の美しさに響かないメニューの選び方や食べ方を学びましょう。


●飲み物の選び方

お酒自体がNGと思っている方も多いですが、それは間違い! 気をつけるべきポイントは、糖質を摂取し過ぎないことなんです。例えば、梅酒や果実酒など、大量に砂糖が溶け込んでいるものは美容の大敵。チョイスすべき賢いお酒の種類は、蒸留酒。焼酎・ブランデー・ウイスキー・ジン・ウォッカなどを指します。これらは醸造酒を蒸留してアルコール分だけを取り出したもので、糖質はゼロ。太ってしまったり、肌荒れするリスクを軽減することができます。


●食べ物の選び方&食べ方

太りずらく肌荒れしない食べ方とは、糖の吸収速度を抑えながら食べる食事法。食べる順番を意識し血糖値を急上昇させない食べ方を意識する必要があります。まずは、何より先に糖質の吸収を緩やかにする食物繊維を摂取してください。たくさんの野菜やきのこ類、海藻などから口にし、次にスープや汁物、そしてタンパク質の順番で食べます。また、チョイスすべきメニューは、脂身の少ないステーキやチキンソテー、魚の塩焼き、お刺身など、できる限りタンパク質の多い食事を中心にオーダーします。揚げ物や甘い煮物、炭水化物、スイーツは避け、出来る限り薄味で甘味が少ない料理を選ぶようにしましょう。


どんなに外食続きでも、美しさをキープするために食べ方の工夫は必須! 明日から活用できる簡単な方法ですので、みなさんも実践してみましょう。


(山本朱美)

【関連記事】
・飲み過ぎ・食べ過ぎの体を簡単リセット!たった一杯のお湯で痩せる方法とは

【参考】
※大和薬品株式会社 – ドクターからの健康アドバイス – 人類は糖質で太る体質を持っている
※牧田善二著『糖質オフ健康ダイエット』主婦と生活者

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング