生理前のむくみには「カリウム」は逆効果!?PMSを和らげるミネラルと悪化させるミネラル

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月6日 19時0分

写真

PMS(月経前症候群)の症状のひとつ「むくみ」。「むくみの解消には、身体の水分バランスを保つ『カリウム』を摂りましょう!」と言われていますが、ホルモンバランスの変化によっておこるPMSのむくみには逆効果なことも……! PMSによるむくみには「鉄」と「亜鉛」がいいようですよ。

■生理前は、どうしてむくむの?

生理前は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになります。プロゲステロンは、子宮内で赤ちゃんが育つことを想定しているため、身体に栄養を蓄えようと、食欲増進、むくみ、便秘と言った身体に何かを蓄える現象が起きてしまうそう。PMSの原因はひとつではないのですが、ビタミンやミネラルが不足していることも原因の一つと考えられるそうです。


■積極的に摂りたい「鉄」・「亜鉛」

マサチューセッツ大学などの研究チームによると、「鉄」と「亜鉛」を多く摂取している女性はPMSの発症リスクが30〜40%少なかった、とのこと。
鉄分は、動物性の食べ物に含まれる「ヘム鉄」と植物性の食べ物に含まれる「非ヘム鉄」があるのですが、非ヘム鉄はヘム鉄に比べ吸収がよくありません。PMS対策として摂るのであれば、ヘム鉄がおすすめ。

亜鉛は、ホルモンバランスを整える作用のあるミネラル。さまざまな食べ物に含まれていますが、身近な食べ物では牡蠣、アーモンド、ココアや抹茶に多く含まれています。また、亜鉛には、皮膚の新陳代謝をスムーズにする効果がありますから、お肌のためにも摂って◎。


■摂り過ぎ注意!「カリウム」

身体の水分バランスを整えるナトリウムとカリウム。
ナトリウムは細胞の外に存在し、カリウムは細胞の中にあり、体内の水分バランスを保っています。塩分の摂り過ぎがむくみの原因になる、と言われているのは、塩分に含まれるナトリウムが過剰になることで、カリウムとナトリウムのバランスが崩れ、ナトリウム濃度を下げるために水分を取り込み、むくみを引き起こします。

そのため、「むくみの予防にはカリウムを積極的に摂りましょう」と言われているのですが、同研究によれば、カリウムの摂取量が多い女性はPMSの発症リスクが高いという結果も得られました。通常の食事から摂っている分には、摂り過ぎの危険はありませんが、むくみ予防のためとサプリメントなどでカリウムを多く摂っている場合には、逆にPMSによるむくみを引き起こしている可能性があります。カリウムとナトリウムは、セットで身体の水分バランスを保っていますから、バランスよく摂るように心がけましょう。

ヘム鉄も亜鉛も、お肌の美しさにも関わるミネラル。お肌のためにも、PMS対策のためにも、肉や魚、卵を1日1回は食べ、バランスのよい食生活を心がけたいですね。

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・生理前の憂鬱に拍車をかける!むくみの原因とNG行動って?

【参考】
※鉄分を多く摂取すると月経前症候群になりにくい – サン・クロレラ研究サイト
※女性ホルモンってなに? - テルモ株式会社
※亜鉛のお話し - ゼリア新薬株式会社
※成分情報 カリウム – 株式会社わかさ生活

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング