飲み過ぎ・食べ過ぎの体を簡単リセット!たった一杯のお湯で痩せる方法とは

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月28日 19時30分

写真

そろそろ忘年会シーズンが到来しますね。冬はイベントが盛りだくさん。日々のケアを少しでも怠ると、肌はボロボロ体重は増加……なーんて最悪の結果に。そうならないためにトライしたいのが、起き抜けに飲む一杯のお湯! 本日は、そのお湯で痩せる秘密について探っていきたいと思います。

■白湯の効果とは?

いったん水を沸騰させて冷ましたお湯のことを「白湯」と呼びます。白湯は、インドの伝統医学アーユルヴェーダで活用されているデトックス法。体に様々な効果をもたらしてくれる魔法の飲み物なんですよ。そこで、その効果について分かりやすくまとめてみました。

・体温を上げて代謝をUPさせる

・胃腸の働きを活発化させ便秘を改善する

・内臓全体の機能を向上させる

・冷え性を改善する

・活性酸素を抑止する

・体内に蓄積された様々な毒素を排出する

・血流を良くして免疫力をUPさせる

このように、体内に毒素を溜め込まない体質に改善できる要素がたくさん! 特に代謝が落ちやすい冬は、飲み過ぎ食べ過ぎが響いて太りやすい時期でもあります。美人の敵である脂肪を蓄積させないためにも、続けてみたくありませんか?


■なぜ白湯で痩せるの?

体温が1度下がると、代謝は13%、免疫は30%も落ちてしまうと言われていますが、それに伴い代謝酵素や消化酵素の働きも一気にダウンしてしまいます。すると、おデブの元である糖質や脂質を分解する働きが鈍くなり、太りやすい体質に。また、体温が低い体は筋肉も固くなりやすく、基礎代謝や熱量の放出も低下。どんどん脂肪燃焼率が下がるため、ダイエットとは無縁の体に。そんな体質を飲むだけで簡単に改善してくれるのが「白湯」。起き抜けに飲めば、内臓の働きがUPし、冷えが急スピードで改善されます。内側からしっかり燃焼できる女に早変わりです。


■白湯の飲み方のコツ

(1)朝、起き抜けに飲む

朝起きたら、やかんに火をかける習慣を身につけましょう。どうしても時間がない場合は、ポットのお湯でも代用できますが、できる限り飲む直前に火を通すことが大切です。白湯はアーユルヴェーダが起源となっているので、水に、火と風の性質を加えることにポイントがあります。


(2)しっかり沸騰させる

沸騰させる時間は、通常より長めの10〜15分程度。水道水の場合は、しっかり湧かして塩素やトリハロメタンを取り除く目的もあります。火からおろしたら体温より少し熱めの50〜60℃程に冷ましてから飲みましょう。


(3)ゆっくり時間をかけて飲む

白湯は、湯のエネルギーを感じながら、ゆっくり自分と対話をして飲むことで効果がUPするのだとか。胃や腸を通って体内が浄化されていくことをイメージしながら飲みましょう。朝の貴重な時間に心を落ち着けて体に集中することで、体への向き合い方や意識にも変化が現れるようになります。


たった一杯の沸かしたお湯にダイエット以上の効果があるなんて、今すぐ活用しなきゃ損! まずは一週間続けてみませんか?


(山本 朱美)

【関連記事】
・あなたの白湯は大丈夫?NG白湯の作り方と冷え取り白湯の作り方

【参考】
※体温を上げて免疫力アップ – 沢井製薬株式会社
※千葉麗子著・川嶋朗監修『朝1杯!白湯のみダイエット』(角川SSコミュニケーションズ)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング