冬こそ『塩レモン』!寒い朝もスッキリ目覚めるドリンクレシピ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月2日 21時0分

写真

今年ブームとなった『塩レモン』。作ってはみたものの、使い方が判らず冷蔵庫に入れっぱなし……なんて方もいらっしゃるのでは? 塩レモンは、調味料としてだけでなく飲み物を作ることもできますよ。冬の寒い朝の目覚めも、レモンの香りでスッキリ起きられるかも!?

■『塩レモン』で朝スッキリな理由2つ

(1)体内時計リセットをサポート

朝は、身体を睡眠モードから代謝モードへ切り替える大切な時間。朝日を浴び、何かを食べて胃腸を動かすことで体内時計がリセットされ、代謝モードに切り替わると言われています。
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の研究によれば、レモンの香り成分「リモネン」には体内時計のリズムを戻す作用があるとのこと! 私たちの身体は、体内時計がリセットされてから、14~16時間後に睡眠を促すメラトニンの分泌が盛んになるそうですから、質の良い睡眠のためにも、朝のリセットが大切!


(2)朝の巡りをサポート

私たちは、寝ている間にコップ2杯程度の汗をかいていると言われています。つまり、朝は身体に水分が足りていない状態。水分が足りないと、血液の巡りも悪く内臓がスムーズに働くことができません。水を飲むだけでも、水分補給にはなるのですが、ミネラルと糖を一緒に摂ることで水分の吸収率がUPするそうですから、ミネラルの多い塩レモンに甘味を加えれば、寝起きの冷えた身体の温めサポートに。


■朝の『塩レモン』ドリンクレシピ3つ

<ベース>

塩レモンをそのまま使ってもよいのですが、おすすめは塩レモンペースト。発酵した塩レモンをミキサーにかけ、ペーストにしておくことでレモンの皮もそのまま食べられます。皮やスジに多く含まれるポリフェノール「ヘスペリジン」には、末梢血管を強くして血流を改善する効果があり、冷え取りにも◎。

(1)朝の眠気をリフレッシュ! 塩レモンドリンク

柑橘類の香り成分リモネンは、しぼりたての果汁に豊富に含まれています。オレンジやグレープフルーツなど、しぼりたての柑橘系ジュースに塩レモンを加えてみましょう。


(2)身体温め塩レモンドリンク

身体深部の体温を上げる効果のある「ショウガオール」が多く含まれたジンジャーパウダーとハチミツ、塩レモンをお湯で割ってホット塩レモンドリンクに。温かい飲み物を身体に入れることで、朝の体温上昇をサポートできます。


(3)朝の巡りをサポートする塩レモンドリンク

塩レモンにハチミツを加え、炭酸水で割ります。炭酸水を飲むことで、胃が刺激され、胃腸の働きが活発になり血液の巡りもサポート。ミネラル+糖と、炭酸水の刺激で、朝の乾いた身体に潤い与えます。

塩レモンは、作ってから日が経つほど味がまろやかになります。冷蔵庫に眠っている塩レモンがある方! 塩レモンを活用して、寒い朝もスッキリ目覚めてみてはいかが?

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・人気沸騰中の「塩レモン」徹底検証!ミラクル調味料と呼ばれる秘密は!?

【参考】
※レモンで体内時計をリセット! - ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
※体内時計と睡眠の仕組み - 武田製薬工業株式会社
※成分情報 ヘスペリジン - 株式会社わかさ生活
※朝の「塩レモンドリンク」で目覚めスッキリ、美肌にも! - 日経ヘルス 2014年9月号

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング