助けて!イベント当日の朝のカサカサ・荒れ・むくみ肌緊急対策

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月18日 19時0分

写真

イベントやパーティが立て続けに開催されるこの時期。「今晩のイベントは勝負!」という日の朝、起きて鏡を見たら肌はカサカサで粉をふき、さらにむくんでいて顔が丸い……なんてことになったらせっかくのパーティーも台無しです! そんなピンチの朝に効く、緊急ケア方法をご紹介します!

■メイク前が肝心! カサカサ肌への緊急ケア

ひどく乾燥した肌は、バリア機能が著しく低下しているため、刺激を与えないよう、気を付けてケアする必要があります。大事なのは摩擦や刺激を避けながら、「保湿」と「紫外線対策」をしっかりすること。化粧水や乳液は手のひらで優しく押し込むように塗りましょう。手の平の体温でじんわりと優しく浸透させることがポイント。マッサージは刺激になるので避けてくださいね。コットンを使う場合は、繊維による刺激を減らすために、コットンにしっかりと化粧水を含ませてから顔に当てましょう。

また、バリア機能の低下した肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策も忘れずに。


■肌荒れの時は薄付きメイクで!

保湿をしっかりとしたら、メイクは薄く。バリア機能が低下した肌はファンデーションが刺激となったり、毛穴に詰まったりして肌荒れの原因となります。肌にできるだけ負担の少ない化粧下地やファンデーションを使い、刺激を与えないよう、滑らせるように優しく塗りましょう。


■顔のむくみには足湯を

朝、起き抜けの顔のむくみには、足湯で緊急ケアができます。時間がなくてそんな余裕がないという場合は、メイクやヘアブローなどをしながら足元に洗面器を置いて、「ながら足湯」をするといいでしょう。お湯の温度は40度くらいにして、しばらく足を浸せば、全身の体温が上がって、血行が良くなります。やがてむくみも改善されるでしょう。血の巡りが良くなって肌の透明度も上がるので、美肌づくりにも最適です!


イベント当日の朝に肌トラブルがあると焦ってしまいますが、これらのステップを踏めば、本番ではバッチリうるおい美人が完成するでしょう!


(LBR編集部)

【関連記事】
・パーティー前にできたニキビに!やってはいけないウワサの即効ケア

【参考】
※乾燥肌の粉ふく症状を改善するには – オーデュナチュール
※新見千晶著『朝5分ヒミツの美ワザ55』(主婦の友社)
※肌荒れ対策 – 皮ふ科医に聞くミニ知識 – 資生堂

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング