乾燥・シミ・毛穴を解決!肌のお悩み別おすすめ食材

LBR - Life & Beauty Report / 2015年1月8日 19時0分

写真

頑張ってスキンケアをしているのになかなかよくならないニキビや毛穴の開き。皮膚科に行く前に、一度食生活を見直してみませんか? 今日は肌のお悩み別おすすめ食生活を提案したいと思います。

■肌の不調はスキンケアと食べ物、両方からの対策が大切

肌荒れやくすみ、毛穴の開きといった肌の悩みには、スキンケアや規則正しい生活はもちろんのこと、体の内から肌に働きかけることもとても大切です。スキンケアだけに頼るのではなく、内側からキレイにすることを意識すると、肌の悩みが解決するかもしれません。


■肌の悩み別おすすめ食生活

・小じわ、乾燥におすすめの食生活

小じわや乾燥が気になる場合は、肌の水分不足が原因かも。そこで積極的に食べたいのが、季節にあった旬の食材。旬の食材は甘みや豊富な栄養のみならず、肌に潤いをもたらしてくれるそうです。

春はタケノコに山菜、海藻、夏はトマトやモロヘイヤなどの色鮮やかな夏野菜、秋は芋や果物、木の実、冬は大根などの根菜類といった旬の食材を、なるべく煮物などの体が冷えない調理法で食べると良いでしょう。


・シミ、そばかすにおすすめの食生活

偏った食生活やダイエットによる栄養不足はさえない顔色の原因になってしまいます。たんぱく質やミネラルをバランス良く摂取することはもちろんですが、新しい細胞を生み出し、守るためには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類を多めに取り入れるようにしましょう。

ビタミンAやビタミンCは鰻や鮭、カジキなど、ビタミンCは小松菜やブロッコリー、パプリカ、酸味のあるフルーツなどに含まれています。


・毛穴の開きにおすすめの食生活

食生活が乱れていたり、ジャンクフードを食べる頻度が高いと毛穴は開くばかり。過剰な皮脂分泌が気になったら、皮脂の分泌量を増やしてしまうようなお菓子類や脂っこい食べ物は控えましょう。ニンジンや大根などの根菜類や、イチゴ、かんきつ類などのビタミンCの多い果物がおすすめです。

また、鳥の手羽先や煮こごりといったコラーゲンを豊富に含む料理や、皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB1やB2も毛穴の悩みに効果的。B1は玄米や焼き海苔など、B2は納豆やしめじなどに多く含まれています。


それぞれの症状に合わせた食生活で、体の中からお肌の悩みを改善してみてくださいね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・肉vs魚、お悩み別に判定!おススメなのはどっちの食材?
・どう違う?おから粉・大豆粉・高野豆腐粉のお悩み別選び方
・絹、木綿、卵豆腐…実は全然違った!お悩み別に選びたい「豆腐でキレイになる秘訣」
・毛穴の開きもくすみも「カルボニル化」が原因!?今すぐ始めたい飲み物とは?
・食べるサプリ!?美白有効成分と同じくらいのシミ予防効果のある食べ物って?

【参考】
※毛穴・皮脂・Tゾーンのテカリ – アテニア
※カラダの”曲がり角”に要注意!~女は7の倍数、男は8の倍数 – 養命酒製造株式会社
※毛穴の原因 食生活 – 高須クリニック

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング