食べなきゃ損!美腸と美肌を手にいれる「七草粥」の作り方

LBR - Life & Beauty Report / 2015年1月5日 18時30分

写真

1月7日の朝に食べる「七草粥」。七草粥の歴史は古く、平安時代から行われていたそう。一年無病息災を願い食べる七草粥ですが、お正月にご馳走の食べ過ぎで疲れた胃腸を休めるために食べる、とも言われています。七草は、生薬として使われる野草も含まれた美肌粥のようですよ。

■七草を食べて美肌を作ろう!

(1)せり

「せり」は、日本原産の野菜。肝臓や大腸、小腸を労わり、身体に溜まった余分な熱や毒素を取り去る作用がある野菜とされています。お正月の食べ過ぎで、身体に溜まった余分なものをデトックスしてくれそう!。


(2)なずな

ぺんぺん草とも呼ばれる「なずな」。若苗を食用にし、冬の貴重な野菜だったそう。粘膜の免疫力を高める作用のあるビタミンAや、ビタミンCも含まれ、風邪予防にも◎。


(3)ごぎょう

ハハコグサと呼ばれるキク科の植物。気管支炎やのど痛み、皮膚炎に効果があるとされています。東洋医学では、「肺の華は肌」といわれ、気管支や喉、肺が健康であれば肌も美しくなると考えられているため、気管支やのどを労わることは、美肌を作ることに繋がります。


(4)はこべら

歯槽膿漏(しそうのうろう)や、皮膚炎に外用として用いられた薬草。解毒や消炎作用がある他、利尿通便にも効果があると言われています。食べ過ぎで、口内炎ができてしまった方にもおすすめです。


(5)ほとけのざ

コオニタビラコが正式名で、キク科の植物。胃を健康に保つ作用、整腸作用があるとされ、ごちそうの食べ過ぎで疲れた胃腸を労わる野菜。


(6)すずな

「すずな」は蕪(かぶ)のこと。蕪は、消化を助け便秘の解消に役立つと言われています。大根と違うところは、身体を冷やさない食材ということ。冷えが気になる方には、大根より蕪がおすすめ。


(7)すずしろ

「すずしろ」は、大根のこと。こちらも、消化を助け便秘の解消にも役立つ食材。蕪と違い身体を冷やす作用があるため、食べ過ぎで身体にこもった余分な熱を取り去る作用もあり、お腹のガスやゲップが気になる方におすすめ。


■もっと美肌に!簡単なのに美肌効果UPの七草粥レシピ

本来は、白米で作る七草粥ですが、水溶性食物繊維の多いオートミールで作ってみましょう。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなるだけでなく、余分な脂や糖の吸収を穏やかにする効果や、毒素や老廃物をキャッチして排出する作用もあり腸内環境美化に欠かせない成分です。

<作り方>

七草は、茹でて細かく刻んでおきます。
出汁(水でもOK)で柔らかく戻したオートミールに七草を加えて出来上がり。

七草粥を食べることは、伝統的な儀式ですが、胃腸を労わることは美肌作りのためにも大切な習慣。七草粥を食べて、今年一年の美肌を祈願してみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・お正月にむくんだ体をリセット!すっきりデトックス方法3つ
・お節で美肌に!アントシアニン豊富な黒豆で乾燥肌やシワ予防を
・正月太りは避けたいけど食べたい!美肌になれちゃうお餅の食べ方3つ
・強力抗酸化パワーは白よりもオレンジ!お肌のサビにもってこいのお野菜って?
・STOP暴飲暴食!「つら~い胃もたれ」を起こすNG食事パターン4つ

【参考】
※七草粥 – さがの歴史・文化お宝帳
※七草粥の豆知識 – キッコーマン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング