美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

ごきげん手帖 / 2015年5月19日 21時0分

写真

ココナッツオイルやアサイーなど、注目のスーパーフードがコンビニなどでも手軽に手に入るようになってきましたね。しかし、色々ありすぎて、どれを食べたら良いのかわからない、どうやって食べたら良いのかわからない、という方も多いはず。そこで今回は、美養フードクリエイターである筆者が、本当に毎日食べているスーパーフードと食べ方をご紹介します。

■本当に食べているスーパーフード6つ

(1)アサイー

スーパーフードとして不動の人気を誇るアサイー。ポリフェノールが多いだけでなく、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維も豊富です。

(2)カカオニブ

カカオニブとは、チョコレートの原料となるカカオ豆をくだいて、皮などを取り除いたもの。抗酸化作用はもちろん、毛細血管の血流を改善する働きや肥満抑制効果、肌の新陳代謝を高めるなど、様々な健康美容効果が証明されていて、カカオポリフェノールが豊富です。カリカリとしたクセになる食感です。

(3)クルミ

ナッツの中でもダントツに多く「オメガ3系脂肪酸」を含むのがクルミ。オメガ3系脂肪酸は、体内では作ることのできない「DHA」や「EPA」という栄養素に変換し、血液や血管の健康を保つだけでなく、気持ちをリラックスさせる働きもあります。

(4)ゴジベリー

食品の抗酸化能力を測定する「ORACスコア」でみても数値が非常に高いクコの実。シミの元となるメラニンの生成を促す「チロシナーゼ」やコラーゲン分解酵素の活性を抑える働きがあり、紫外線が強くなるこれからの季節の肌ケアにおすすめ。

(5)チアシード

30~40%が食物繊維で出来ているうえ、オメガ3系脂肪酸、ミネラル、アミノ酸までも含む栄養価の高い食材。水を含むと表面上がゼリー状になり、約10倍ほどに膨らみ、空腹時やダイエットのサポートにもおすすめ。

(6)ココナッツオイル

大ブレイク中のココナッツオイル。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を摂ることによって、脂肪を消費させやすくする「ケトン体」が産生され、ダイエットのサポートになるのだとか。また、すでに身体に備わっている抗酸化酵素を活性化する働きもあり、身体のサビ予防にも◎。

■毎日続けられる食べ方

毎日6種類は食べられない……と思っても、組み合わせてしまえば、案外簡単に6種類食べることができるんです。

●アサイー&チアシードドリンク

ココナッツウォーターで戻したチアシードとアサイーを混ぜたドリンクを毎日飲んでいます。

●カカオニブ&クルミ&ゴジベリーミックス

ミックスしたものを携帯して、仕事中や移動中にお腹が空いた時に食べています。

●ココナッツオイル

普段のお料理に使う油をココナッツオイルにしています。お料理されない方はヨーグルトやコーヒーに入れてみましょう。

スーパーフードも毎日続けることが大切。アサイーやチアシード、クルミはコンビニでも買うことができますから、続けやすいものから毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。


(岩田麻奈未)

【あわせて読みたい】
・ミランダ・カーもはまった!血液型別ダイエットメニュー
・夏までに“ぺたんこ腹”に!?日本のスーパーフード「昆布」がスゴイ!

【参考】
※アサイー – フルッタフルッタ
※クルミの抗酸化作用 – カリフォルニアくるみ協会
※チアシード – アサヒフードアンドヘルスケア
※サルバチアとは? - 研光通商株式会社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング