冷えや乾燥に効果的!女性に嬉しいツボ3つ

ごきげん手帖 / 2015年11月13日 19時0分

写真

体中に存在するツボ。ツボというと便秘や胃痛といった内臓系の不調の時に刺激するイメージがありますが、実は冷えや乾燥、肌の悩みに関連するツボもあるのです。さらに、そんな美容に嬉しいツボに加え、様々な悩みへのアプローチが期待できる、いわゆるオールマイティなツボもあります。健康美のために、ぜひ覚えてください!

■覚えておきたい!冷えや美肌に効くツボ3つ

(1)乾燥に効くツボ:足三里(あしさんり)

東洋医学の考えにおいて乾燥というのは、水分やエネルギーが足りていない「血虚(けっきょ)」という状態。
この場合、消化吸収をよくし体内で水や栄養分に変えるために胃腸の働きを元気にさせる必要があります。
そのため胃腸虚弱や治癒力を高める効果があるとされている「足三里」というツボを刺激するのが乾燥対策へとつながります。
膝の外側の皿の下から指4本分下がったところにあるくぼみが、足三里のツボです。


(2)冷えに効くツボ:天枢(てんすう)

寒さが厳しくなると月経の不調や、冷えによるむくみが辛くなります。そんな時には「天枢」というお腹の周りにあるツボが良いでしょう。場所はおへその両わき外側に指2〜3本分ずれたところにあります。


(3)オールマイティーに効くツボ:湧泉(ゆうせん)

さまざまな体の不調に効果がある万能のツボとされている、湧泉。
場所は土踏まずよりも少しの中央部分。足の指を曲げるとできるくぼみにあります。体の辛さや悩みを感じたら、とりあえず湧泉を刺激してみても良いかもしれませんね。


ツボは指でイタ気持ちいいと感じるくらいの強さで刺激しましょう。お灸なども効果的なようですよ! これからますます寒くなる冬。効果的なツボの位置を知って、肌も体も不調知らずで過ごしたいものですね。


(前田紀至子)

【あわせて読みたい】
・乾燥が深刻化する前に!美容ライターが信頼する導入美容アイテム4選
・美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
・洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
・どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
・ブツブツ・ザラザラの原因!「背中ニキビ」をまねくNG習慣6つ
・ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
※お灸ビューティー – せんねん灸
※健康に効くツボ(冷え)  – シノアドア – 資生堂
※冷え性 – せんねん灸

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング