美女御用達!たった一杯のスプーンで美しくなる魔法のオイル

ごきげん手帖 / 2016年3月11日 12時0分

写真

近頃、オイル美容ブームが定着しつつありますが、馴染みのない人からすれば「オイルは身体に悪いし太るのでは?」と思ってしまいますよね。しかしそれは、ファーストフードやスナック菓子、加工食品で使用されているトランス脂肪酸の摂取のし過ぎが悪影響を及ぼすのであって、良質なオイルは美女づくりに必要不可欠なんですよ! 
そこで今回は、美しい人が摂取している良質なオイルをご紹介いたします。スプーン一杯分だけ摂ればいいので、手軽に試してみてくださいね。

■たったスプーン一杯で美しくなれる魔法のオイルとは?

1日スプーン一杯で美しくなれる良質なオイルとは、「オメガ3(α-リノレン酸)」や、「オメガ6(リノール酸)」と呼ばれてる必須脂肪酸が主成分のものを指します。これらの脂肪酸は体内のアレルギー症状を抑制し、血液をサラサラにしてくれたり、女性ホルモンのバランスを整える効果があると言われています。
ただし、過剰に摂取をすると逆にアレルギー症状を引き起こす場合があるので、バランスに気をつける必要があります。


■美女御用達!美しくなれる良質なオイル3つ

そこで、「オメガ3(α-リノレン酸)」や、「オメガ6(リノール酸)」をバランスよく摂取できる美女御用達オイルをご紹介しましょう。

(1)サチャインチオイル

グリーンナッツオイル、インカインチオイルなど、複数の愛称で親しまれているこちらのオイルは、南米ペルーアマゾンの熱帯雨林が原産地。オメガ3(α-リノレン酸)が50%も含まれていることにプラスして、天然のビタミンEが豊富なため、抗酸化作用に優れていることが特徴。熱しても栄養素が壊れないため、幅広く使用できるのが魅力です。


(2)ヘンプシードオイル

ヘンプシードオイルとは、麻の実から抽出されたオイルのこと。なんと、成分の80%が必須脂肪酸で構成されているそう。また、オメガ3(α-リノレン酸)とオメガ6(リノール酸)の割合が1:3で、厚生労働省が推奨する1:4の割合に近いので、理想的なバランスのオイルなんだとか。どんな料理とも相性が合う、軽い口当たりのオイルなので、毎日続けられそうですね。


(3)亜麻仁油

亜麻仁油とは、亜麻という植物の種から抽出されたオイルのこと。オメガ3(α-リノレン酸)が豊富なことに加えて、ポリフェノールの一種であるリグナンが非常に多く含まれていることが特徴。このリグナンは、エストロゲンとして機能する働きがあるので、女性ホルモンのバランスを整える効果があると言われています。


筆者も毎日スプーン一杯を摂取して数年が経ちますが、腸内環境が整い、ニキビや吹き出物ができなくなりました。とても効果が高いのでオススメですよ!


(山本 朱美)

【あわせて読みたい】
・美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法
・ひまわりにアボカドまで!?食べるコスメオイル3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
・美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
・NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
・ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
・お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

【参考】
※すぐにわかるトランス脂肪酸 – 農林水産省
※植物油のヘルシー成分 – 日清オイリオ
※インカインチオイル – アルコイリス
※ヘンプシードオイル – ヘンプキッチン
※亜麻仁油 − 日本アマニ協会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング