イヤホンより安全? 自転車にマウントできる、防水仕様のBluetoothスピーカー

lifehacker / 2019年4月3日 10時0分

自転車での移動が気持ちいい季節。

自転車通勤やサイクリング時には、パーソナルスピーカーでの音楽鑑賞とシャレこんでみてはいかががでしょう。実は屋外で音楽/音声コンテンツを聴くには、Bluetoothスピーカーが快適です。

「イヤホンで間に合ってる」という方も多いと思いますが、周りの音が聴こえないことによるヒヤリ・ハットは体験済みかと思います。

”屋外でスピーカー”というと、爆音でAMラジオを楽しみながら散歩するオジサンを連想しがちですが、自転車利用に最適化された「52 SPEAKER」ならもう少しスマートです。

環境に応じたボリュームコントロールが自在

52SPEAKER-4 Image: Greenfunding

「52 SPEAKER」は極めてコンパクトで、自転車にマウントできるBluetoothスピーカー。耳をふさぐことなく安全・快適に音楽や音声コンテンツが楽しめます。もちろんiPhone単体でも同じことはできますが、このBluetoothスピーカーには手袋をしたままの操作もできる、大きなボリュームコントロールダイヤルがついています。

つまり、幹線道路など雑音が多い環境ではボリュームを大きくできて、人通りが多く周りの目が気になる環境では一時停止もワンプッシュですぐ…というわけです。

52SPEAKER-7 Image: Greenfunding

屋外利用など音響に指向性が求められる場面では「Activityモード」に、家で使うときには全方位に音が流れる「Normalモード」に切り替えて使えます。

戻る/スキップなどの操作もボリュームダイヤルの左右のボタンでできて、必要なことはすべて、前方に視線を向けたままできるようになっています。

ハイキングでも開放的に音楽/ラジオが楽しめる

52SPEAKER-9 Image:

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング