Androidスマホにパソコンからデータを転送する方法5つをおさらい

lifehacker / 2019年5月14日 22時5分

写真

今や、多くの人にとってスマートフォンが主要なコンピューティングデバイスとなっていますが、パソコンも日常的に使っているという人もたくさんいるはずです。

つまり、パソコンからAndroidへファイルを移動させたいニーズが少なからずあるということです。

では、ファイルを転送する一番良い方法とは何でしょうか?

小さなファイルと巨大ファイルでは最適な転送方法が異なるでしょうか?

今回は、パソコンからAndroidスマホへデータを移動するベストな方法を紹介します。

1. USBケーブルを使う

パソコンからスマホへデータを移動する古くからある一般的なやり方はUSBケーブルを使うこと。

互換性のあるケーブルさえ手元にあれば、すばやく簡単にデータを移動させることができます。

ところが残念なことに、最近のスマホの多くがUSB-Cに移行し、古いケーブルが使えなくなってしまいました。

また、最近のスマホにはパソコンとの接続に必要なUSB-C/USB-A変換ケーブルが付属していないことがほとんどです。

もっとも、必要な変換ケーブルが手元にあるなら、作業はいたってシンプルです。

WindowsまたはChromebookなら: パソコンにスマホを接続する Androidに表示される[この端末を USB で充電中]通知をタップする。 [USB の使用]の下にある[ファイルの転送] を選択。

準備は以上です。

20190507−datatoandroid01

パソコンを見ると、ファイル転送ウィンドウが開いてスマホ(あればSDカードも)が表示されているはずです。

あとは、パソコンからスマホへファイルをコピーするだけです。

Macでも手順はほぼ同じですが、最初に『Android File Transfer』アプリをインストールする必要があります。

このUSBケーブルを使ったやり方は、大量のデータをコピーするのに適しています。

映画や音楽コレクションを移動したいときに試してみてください。

同じ手順でパソコンからスマホのSDカードにファイルを移動することもできます。

2. クラウドストレージを使う

スマホに設定したGoogleアカウントを使うと、Googleドライブを介して15GBのクラウドストレージにアクセスすることができます。

パソコンとスマホの間でファイルを移動させるには、Googleドライブを使うと便利です。

最初に、パソコンにGoogleドライブアプリをインストールする必要があります。Googleドライブ以外にも、DropboxやMicrosoftのOneDriveを利用することもできます。

Googleドライブを設定するには、まずサインインを行ってください。

表示される画面から[すべてのファイル形式をバックアップ]を選択し、[次へ]をクリックします。

20190507−datatoandroid02

次の画面で、下部にある[詳細設定]を選択します。

[マイドライブをこのパソコンに同期]を選び、[OK]をクリックします。

20190507−datatoandroid03

これで、パソコンにGoogleドライブのフォルダが作成されます。このフォルダ内のすべてのファイルがドライブに同期される仕組みです。

ファイルをスマホに移動するには、Googleドライブのフォルダにファイルを入れるだけでOK。

同期が完了すると、スマホのGoogleドライブのアプリでファイルが確認できるはずです。

注意点:Googleドライブアプリ内に表示されているファイルは、スマホに保存されているわけではありません。

巨大なファイルを開こうとすると、その時点でファイルのダウンロードが始まり、モバイル通信を利用していると、データ通信残量を圧迫する可能性も。

スマホにファイルをダウンロードするには?

こうした事態を回避するために、あらかじめスマホにファイルをダウンロードしておきましょう。

やり方は2つあります。ファイルを選択したら、メニューから以下のどちらかを選んでください。

[オフラインで使用できるようにする]オフラインでGoogleドライブ内で閲覧できるような形でファイルをダウンロードします。変更した内容は次回オンラインになったときに同期されます。 [ダウンロード]ファイルのコピーが[ダウンロード]フォルダに保存され、互換性のあるアプリで開くことができます。ただし、このままでは変更した内容は同期されません。変更内容を反映するには、ファイルをGoogleドライブに再度アップロードする必要があります。 20190507−datatoandroid04

この方法は、Googleドライブの空き容量が不足すると使えなくなります。

そのときは、アカウントをもうひとつ追加してもよいでしょう。アカウント間でファイルを転送することもできます。

3. メールやメッセージングアプリを使う

ファイルを自分宛てにメールするという方法も。

パソコンからスマホにデータを移動する最も効率的な方法とは言えませんが、みなさんもときどきはやっていると思います。

誰かとファイルを共有するのにも使うことができます。

Gmailでは25MB以下のファイルしか添付できません。

それより大きなファイルを送りたいときは、『WeTransfer』を試してみてください。

無料で2GBまでのファイルを送ることができ、ユーザー登録も不要です。

20190507−datatoandroid05

wetransfer.comを開き、自分のメールアドレスを入力したら、ブラウザウィンドウにファイルをドラッグして送信ボタンを押すだけ。

スマホをチェックすると、ダウンロードリンクがついたメールが届いているはずです。

ファイルはセキュリティのために暗号化されており、7日後に削除されます。

もっと早くファイルを削除したり、削除までの期間を長くしたい場合は、Proアカウントが必要です。

もし、何らかの理由でWeTransferを使いたくなくても心配はありません。

メールの添付ファイルとして大きなファイルを送る方法は、ほかにもいろいろあります。

4. Bluetoothを使う

小さなファイルをパソコンからスマホに移動させたい場合は、Bluetoothが最適。最初の設定さえ完了すれば、操作は簡単です。

Windows 10のパソコンからスマホにBluetooth経由でファイルを送るには、最初に2つのデバイスをペアリングする必要があります。

Windowsで[設定]>[デバイス]と進み、Bluetoothをオンにしてください。スマホ側でもBluetoothを有効にしておきましょう。

20190507−datatoandroid06

続いてパソコン側で[Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する]>[Bluetooth]とクリックすると、デバイスの検出が始まります。

しばらくすると、スマホが表示されるはずです。それを選択し、パソコン側で[接続]をクリックしたら、スマホ側で[ペア設定する]をタップすれば完了です。

Bluetooth経由でファイルを共有するには、[設定]>[デバイス]>[Bluetoothでファイル送信または受信します]>[ファイルを送信する]の順に選択してください。

あとは、送信したいファイルを指定すればOKです。

20190507−datatoandroid07

Windows以外のプラットフォームでも、メニューの名前が違うだけで、手順は同じです。

最初にパソコンとスマホをペアリングし、それからファイルを共有します。

ただし、Bluetooth経由のやりとりは、この記事で紹介するほかの方法(とくにWi-Fi)に比べると、転送速度が遅いのが難点です。

小さなファイルの転送や、カジュアルな使い方に向いています。

5. Wi-Fiを使う

スマホに大量のデータを日常的に送る必要があるなら、Wi-Fiに勝る方法はありません。

スマホとパソコンが同じネットワークに接続されていれば、ファイルを高速かつ安全に移動することができます。

Wi-Fi経由でファイルをコピーするには、スマホにアプリをインストールする必要があります。パソコン側には必要ありません。

MakeUseOfのオススメはPushbullet社の『Portal』です。無料で使えて登録も不要です。

このアプリはあらゆるプラットフォーム(Windows、Mac、Linux、Chrome OS)に対応しています。

まずはこのアプリをAndroidデバイスにインストールしてください。

次に、パソコンのウェブブラウザで、portal.pushbullet.comを開き、QRコードを表示します。

20190507−datatoandroid08

スマホでPortalを開き、[Scan]をタップします。カメラが起動したら、QRコードをスキャンしてください。

すると、スマホとパソコンの間にワイヤレス接続が確立されます。

この接続は一時的なものなので、次回このアプリを使う際は、再度QRコードをスキャンしてペアリングする必要があります。

接続が確立したら、ファイルをブラウザウィンドウにドラッグしてください。するとただちにスマホへの転送が開始されます。

20190507−datatoandroid09

デフォルトでは、画像や音楽はそれぞれ、スマホの画像、音楽フォルダに保存されます。そのほかの種類のファイルはPortalフォルダに送られます。

ダウンロードされたファイルには、Portalアプリからアクセス可能。

あるいは、高性能のAndroidファイルマネージャをダウンロードして、ほかのフォルダやSDカードに移動することもできます。

Portalは、パソコン側にアプリをインストールする必要がないので便利です。

もっと多くの機能が欲しいなら、『AirDroid』をチェックしてください。たとえば、パソコンからテキストメッセージを送ることなどが可能です。

『Feem』も、さまざまなデバイスでファイルを簡単に共有できるアプリです。

そのほかの方法

デバイス間でファイルを移動する方法はほかにもあります。SDカードやUSBメモリも、スマホ側が対応していれば選択肢に加えられます。

かなりマニアックな方法ですが、『Wi-Fi FTP Server』アプリでFTPを使ったり、ネットワークアタッチトストレージ (NAS)を利用することもできます。

NASを使うと、ネットワークに接続されているすべてのデバイスで1つのハードドライブを共有することが可能となります。

もっとも、ほとんどの人にとっては、上で解説した5つの方法が、パソコンからAndroidスマホへデータを移動させる最善の手段となるはずです。

小さなファイルをすばやく共有するのに向いている方法もあれば、大量のデータを移動するのに向いている方法もありました。

所有するデバイスの数が増えるほど、デバイス間でファイルを共有するニーズも高まります。

以前紹介した、「パソコンとモバイルデバイス間でファイルを高速に転送する方法」で、さまざまな機器を同期させる方法を解説しています。

あわせて読みたい

Image: Shutterstock.com

MakeUseOf-[原文: 5 Ways to Transfer Data From PC or Laptop to Android Phone ]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング