新鮮なトマトにかけるべきなのは、あのオイルだった!

lifehacker / 2020年9月30日 16時0分

写真

夏のトマトは、過度にありがたがられがちです。何と言っても、トマトは数ある夏野菜のなかでも、もっとも夏野菜らしい夏野菜の1つです。

そんなトマトの夏らしい爽やかな風味をぼやけさせてしまうなんて、間違っている…。このような考えに、私たちはついとらわれがちです。

ですが、そんな風に考えるべきではないのです。トマトには間違った食べ方などというものは存在しません。

トマトはそのまま食べるのが一番だと訴える純粋主義者や、余計な味付けに反発する人(私もその1人です)が何と言おうとも。

ほかならぬこのトマトという野菜には、おいしく食べる方法が無限にあるのです。それに、どんな料理にも合うその万能ぶりは、称賛すべきものであって、敬遠すべきものではありません。

要するに私が言いたいのは、「新鮮な生のトマトをスライスして、そこにアツアツのベーコンオイルをかけるべき」という私の提案に対して、大声で反対してはならないということなのです。

お願いだから、ブーイングはしないでください。私の言っていることは正しいのですから。

ベーコンオイル×トマトはベストマッチ

今にも大声で異議を唱えたい衝動に駆られた人も、ちょっと待ってください。

そして、あなたがこれまでトマトにかけたことのあるオイルを思い出してください。オリーブオイルをかけたことが絶対にあるはずです。しかも、おいしかったに違いありません。

オリーブオイルは、風味が決してマイルドなわけではなく、どう考えてもピリッとした刺激が感じられます。けれども、筋金入りのトマト純粋主義者ですら、新鮮なトマトにオリーブオイルをかけることには賛成してくれるでしょう。

とにかく、ベーコンの油ほどおいしい油はないと言ってもいいくらいです。

染み出した油を濾さずに使う場合、たいていは焦げて香ばしくなったベーコンの欠片が少し残っています。そのスモーキーで塩気の効いた油が、甘酸っぱいトマトと絶妙にマッチするのです。

ジュージューと音を立てる高温のベーコン油をかけると、トマトの柔らかな表面がほんの少しだけ熱せられ、生のような、ごくわずかに火が通っているような、そのあいだの微妙な食感になります。

トマトのツンとした汁が油と混ざり合うと、まるで自然なヴィネグレットソースのようになります。

工夫を凝らしてさらにおいしくできる!

また、ベーコンの油にはもともと塩気がありますが、さらに塩をぱらぱらと振りかけてはいけないというほどでもありません。マルドンの塩をひとつまみ振るのもなかなかイケます。

マルドン シーソルト 250g マルドン シーソルト 250g

810円

購入

生の黒胡椒をガリガリと数回挽いてもいいでしょう。手を加えるのをここでやめて食べてしまっても、十分しあわせに浸れるかもしれません。

けれども、だからといって、ここでやめる必要はありません。もうちょっと手をかけて、ベーコンオイル風味のカプレーゼを作ってみませんか?

アツアツでスモーキーなベーコンの油は、定番サラダのカプレーゼに新たなフレーバーを加えるだけではありません。

添えられたバジルの葉がしんなりし、モッツァレラチーズもいくぶん柔らかくなるので、サラダが若干の温かみを帯び、食べやすくなります。あえて言わせてもらえば、南部風になるのです。

油は、ベーコンを焼いた直後のフライパンに残ったものを使ってもいいですし、朝食後に取っておいたベーコンの油を温め直しても構いません。

とにかく、油がジュージュー音を立て、煙が立つくらいに熱してください。それを、スライスしてきれいに並べたトマトの上からかけます。

油がトマトの表面に触れた瞬間にジュッと音を立てるはず。この音がまた、たまらないのです。

あわせて読みたい

スパイスアップ ブラックペッパー ミル付き 50g スパイスアップ ブラックペッパー ミル付き 50g

910円

購入

薪・炭火仕上げ ベーコンスライス90g エーデルワイスファーム 薪・炭火仕上げ ベーコンスライス90g エーデルワイスファーム

745円

購入

Image: Claire Lower

Claire Lower - Lifehacker US[原文]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング