1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Apple TVに「tvOS 15」のベータ版をいち早くインストールする方法

lifehacker / 2021年7月21日 16時0分

写真

2021年の秋に、tvOS 15がリリースされる予定です。この大型アップデートでは、QOLを高めてくれる改良がApple TVに加えられることになっています。

たとえば、iPhoneのFace IDでさまざまなアプリにログインできるようになります。さらに、AirPods Pro、AirPods Max向けの「空間オーディオ」はもちろん、iPhoneのFaceTimeで友だちといっしょに映画やテレビ番組が見れる「SharePlay」もサポートされます。

パブリックベータをインストールしよう

「これらの新機能を秋まで待たずに試してみたい」と思っているなら、tvOS 15のパブリックベータをインストールしましょう。

ただし、あくまでベータ版ですから、なかなかスムーズに動いてくれないかもしれません。問題が起きたり、フリーズしたりする可能性も。

また、何か不具合が起こった場合には、最新モデルのApple TV 4Kを復元(初期化)することはできません。もしそうなったら、ソフトウェアアップデートがバグを修正してくれるのを待つのみとなります。

2015年発売のApple TV HDであれば復元が可能です。これについては、のちほどくわしく解説しますね。

試してみたくなりましたか?

それではさっそく、Apple TVにtvOS 15のパブリックベータをインストールする方法から解説していきます。

tvOS 15のパブリックベータをダウンロードする方法

tvOS 15のパブリックベータにアクセスすると、Appleのパブリックベータプログラムへの登録を求められます。

登録が完了すると、お使いのApple TVはベータアップデートを無線で受けられるようになりますよ。

アップデートを受けるのに、Apple TVをコンピューターにつなぐ必要はありません。Appleのパブリックベータプログラムに、あなたのApple IDを登録するだけでOKです。

コンピューターでAppleのパブリックベータプログラムのサイトを開き、「登録」をクリックします。次に、Apple ID(あなたがApple TVに使っているのと同じもの)でサインインしましょう。

利用規約に同意して、プログラムに参加します。ウェブ上で行う作業はこれだけです。

次はApple TVですね。

まず、先ほどと同じApple IDをApple TVで使っていることを確認します。確認するには、「設定」アプリを開き、アカウントに行きましょう。そこからiCloud、iTunesとApp Store、またはゲームセンターのセクションに進んでください。

Apple IDが同じであることが確認できたら、準備完了です。

次に、「設定」アプリを開いたら、システムからソフトウェアアップデートへ進みます。パブリックベータアップデートを入手を有効にして、利用規約に同意してください。

パブリックベータ版アップデート Image: Apple

オプションが有効になったら、tvOS 15パブリックベータアップデートの入手が開始されます。tvOS 15パブリックベータをインストールするには、設定>システム>ソフトウェアアップデートの順に進み、ソフトウェアをアップデートをクリックしてください。

表示されるポップアップから、ダウンロードしてインストールを選びます。

ダウンロードしてインストールを選択 Image: Apple

ここから先はApple TVの仕事です。

任せておけば、ダウンロードとインストール、再起動が自動で実行されます。これらのプロセスが完了したら、tvOS 15のパブリックベータが使えるようになりますよ。

tvOS 15の新機能

AirPodsやHomePod miniのユーザーの方は、tvOS 15へアップデートすることで、使い心地が格段によくなるでしょう。

tvOS 15では、AirPodsのオートコネクト機能がついにサポートされます(AirPodsへの素早い接続をアシストしてくれる通知が画面に表示されます)。

AirPods ProとAirPods Maxのユーザーの方は、「空間オーディオ」にアクセスして、サポート対象のアプリで没入型の音声体験を楽しめるように!

HomePod miniユーザーの方は、2台をステレオペアリングして使えるようになります。

「SharePlay」機能もネイティブサポートされます。たとえば、iOS 15が入ったiPhoneで、友だちといっしょにFaceTimeを使って何かを視聴しているとしましょう。

そのような場合も、iPhoneで通話を続けながら、そのメディアをApple TVへシームレスに移動できるようになるのです。

再生とメディアコントロールは、ほかのグループ通話と同期されたままの状態になります。

また、iPhoneのFace IDでアプリにログインできるようにもなりますよ(iCloudキーチェーンを使います)。

Apple TVを復元する方法

Apple TV HDをお使いの方で、tvOS 15のパブリックベータを使用中に何か問題が起きたときには、復元を試してみましょう(この方法は、4Kモデルには使えません)。

Catalina以降のmacOSが入っている場合は、HDMIケーブルと電源ケーブルを外したApple TVを、USB-CケーブルでMacとつなぎます。 MacでFinderを開き、サイドバーからApple TVを選びます。さらにそこから「復元」を選びます。 指示に従って、復元プロセスを完了します。

Mojave以前のmacOS、またはWindowsパソコンで復元を試みる場合は、iTunesを使わなくてはなりません(iTunesのソースリストからApple TVを選びます)。

tvOS 15がサポートするのはどのモデル?

tvOS 15がサポートしているのは、タッチ対応クリックパッド搭載のSiri Remoteが同梱されている、3つのApple TVメジャーモデルすべてです。こちらがそのリストです。

Apple TV HD(2015年) Apple TV 4K(2017年) Apple TV 4K(2021年) 2021 Apple TV 4K(64GB) 2021 Apple TV 4K(64GB)

23,800円

Source: Apple

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング