1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Google検索ページで「ダークモード」を使う方法

lifehacker / 2021年9月29日 10時0分

写真

インターネット上に「暗闇」が近づいてくるのを感じますか?

それこそが、現在デスクトップ版のGoogle検索ページに展開中の新しいダークモードです。そう、Google検索に専用のダークモードができたんです。

何となく聞き覚えがあるなと思う人は、Google検索モバイルアプリのダークモード設定や、Google Chromeの専用ブラウザレベルのダークモードを思い浮かべているのかもしれません。

どちらもすでに、モバイルとデスクトップの検索ページをスモーキーに変身させています。しかし、この新しい「ダークモード」設定は、Google検索のウェブサイトにのみ適用され、どのブラウザでも有効にできます。

この設定をオンにすると、メインのランディングページ、検索結果、およびすべてのメニューに、Googleが暗い色のUIによく使用するチャコールブラックの色調が適用されます。

Google検索ページをダークモードに設定する方法

Google検索の新しいダークモードは、現在ロールアウト中なので、まだ適用されていないユーザーもいるかもしれませんが、いずれはすべてのユーザーが使用できるようになります。

この設定を確認し、オンにする方法は次のとおりです。

Google検索の設定画面 Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

1. 好みのブラウザでGoogle検索を開き、検索を行なう。

2. 検索結果のページの右上にある「設定」アイコンをクリックする。

3. 「検索設定」を選択する。

4. 「デザイン」タブを開き、「外観」のリストの中から好みのテーマオプションを選択する。

「ダークテーマ」を選択すると、OSやブラウザがダークテーマでなくてもGoogle検索が強制的にダークテーマで表示される。

「ライトテーマ」オプションを選ぶと、デフォルトのホワイトのUIに限ってライトテーマで表示される。

また、WindowsやMacの設定でダークモードを有効にしていて、ブラウザを現在のシステムレベルのUIに合わせたい場合は「デバイスのデフォルト」を選択することもできる。

5. 「保存」をクリックして選択内容を確定すると、検索ページがダークテーマで更新される。

ブラウザのデータを削除したり、Googleアカウントのリンクを解除したりすると、Google検索の設定はデフォルトにリセットされるので注意してください。

また、Chromeのゲストモードを使用している場合、Google検索ページはデフォルトのライトモードのUIで表示されます。

Google検索以外にも専用のダークモードがあるGoogleサービスがあります。

前述した通り、Chrome、Google ドキュメント、Google スプレッドシートなど、他のいくつかのGoogleアプリにもダークモードのオプションがあり、さらにいくつかのサードパーティのブラウザ拡張機能がその隙間を埋めています。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSD ハブ (256GB) SSDストレージ内蔵 4K対応 HDMI 100W USB Power Delivery対応 USB-Cポート USB-A ポート MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSD ハブ (256GB) SSDストレージ内蔵 4K対応 HDMI 100W USB Power Delivery対応 USB-Cポート USB-A ポート MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 11,980 Amazonで見る 11,980 楽天で見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Source: Google

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング