1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

なぜ会ったこともない人を、SNSで批判してしまうのか?

lifehacker / 2021年10月16日 20時0分

写真

Twitterやその他のSNSを使っている人は、心理的虐待である「ガスライティング」などを経験したことがあるかもしれません。

最近、そこに新たに加わったのが「パラソーシャル関係」です。

インフルエンサーに対する勝手な幻想

「パラソーシャル相互作用」とは、1956年に社会学者のRichard WohlとDonald Hortonによる造語で、心理的な人間関係の一種です。

社会学者の彼らは、テレビなどで見かける特定の演者に対する、視聴者の体験を観察しました。

本来、パラソーシャル関係は対面の人間関係ですが、その関係における一方は、実際にはまったく関係の中にはいません。

視聴者や消費者と、スター、俳優、モデル、クリエイター、インフルエンサーなど、表に顔を出しているものの従来の方法では交流をしていない人との関係のことです。

そこには親密だという幻想(勘違い)があります。

1950年代、WohlとHortonが最初にこの行動に気づいた時、この関係はほとんどが視聴者とテレビの中のスターとの関わりでした。

最近は、パラソーシャル関係を築きやすい人たちを見かけるプラットフォームがたくさんあります。

超親近感のあるインフルエンサーが、自分のことを本当に理解してくれていると感じているかもしれません。

インフルエンサーの毎日の投稿を見て、その人の大好きな趣味や料理を知り、その人が同じ洋服をどの程度着回しているかに気づき、その人の子どもの名前も覚えているかもしれません。

しかし、そのインフルエンサーはあなたの情報は知らないのです。どんなに親近感を持っていても、それは一方通行です。

確かに、彼らは投稿についたコメントに返答することはありますが(良いインフルエンサーならやっているはず)、普通の友だちのように、実際に毎日あなたに話しかけたりはしません。

いつこの言葉が登場したのか?

ソーシャルメディアで「パラソーシャル関係」という言葉が使われるようになったのは、コメディアンJohn Mulaneyが、Olivia Munnのために妻と別れたことを批判された後です。

過去のコメディで、Mulaneyは子どもが欲しくないと言っていたので、Munnが2人の最初の子どもを妊娠しているというニュースが流れると、ファンはショックを受け、怒る人もいました。

TwitterやInstaramで、最初は激怒の波が起こり、次は批判の波がやってきました。

しかし、これはMulaneyとパラソーシャル関係を持ったファンが、彼のスタンダップコメディの番組や公の場での発言や投稿だけを元に、Mulaneyに自分の理想の人間像を期待したものです。

Twitterでは、TikTokerの恋愛ドラマにハマり過ぎると、「不健全なパラソーシャル関係には助けが必要だ」と警告をする投稿がいくつも見られます。

また、スターやインフルエンサーの個人的な選択について口うるさく言うことに対して、「ちょっとパラソーシャル過ぎて、リアルな友だちがどれだけいるか知れる」と注意する人もいます。

パラソーシャル関係は良くないものなのか?

おそらく、パラソーシャル関係はすぐに手に負えなくなると予想できるでしょう。

John Mulaney(実際には知らない男)が、奥さん(実際には知らない女)と、Olivia Munn(実際には知らないもう一人の女)のために離婚したことに、心から傷ついた人たちがいるとします。

一度も会ったことがない人の行動で、自分の気分がそこまで害されるのは理想的ではありませんが、このSNSなどで過度につながる時代においては、ますます簡単に起こりやすくなっています。

パラソーシャル関係にはさらなる負の側面があります。

Mulaneyが自分の気に入らないやり方で現実世界で恋愛をしているせいで、数人のファンが傷ついているだけではありません。セレブには常にストーカーにつきまとわれています。

ニューヨーク・ポストのデジタル版には、セレブのストーカー専用のセクションがあります。

このページでは、ここ数カ月だけでも、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、ケンダル・ジェンナー、キム・カーダシアン、オリヴィア・ワイルドの話を読むことができます。

多くの場合、このようなスターは不法侵入に遭い、なぜか自分はそのセレブを知っていると思い込んで、何かしらリアルな関係を築きたいと思っているファンに対して、接近禁止命令を出さなければならなくなります。

アリアナ・グランデも、テイラー・スウィフトも、ケンダル・ジェンナーも、多くのセレブは、様々なSNSで自分の行動を追っている数百万の人たちのことを知りません。

ストーカー(もしくは警戒度の低いパラソーシャル関係を抱えている人たち)は、自分はセレブを知っていると思っているだけです。そして、そのセレブは大抵女性です。

ストーカーが、知名度のあるインフルエンサーを殺害した事件もあります。つまり、パラソーシャル関係は良いものではありません。

パラソーシャル関係を持ってしまったらどうすればいいのか?

人を惹きつけ、好意的な関係をつくるのが芸能人の仕事ですが、ただそれだけです。それが彼らの仕事です。

セレブや芸能人の作品を楽しみ、彼らの投稿にコメントやいいねをして、万が一返答してくれたらうれしくて舞い上がるかもしれませんが、彼らは大衆にアピールしてお金を稼いでいる人たちだということを理解することが大事です。

SNSからログオフして、一歩引いて見て、実際の彼らのことは知らないのだと思いだしてください。

それよりも、そのエネルギーを少しは現実世界の自分の人間関係に使って、本当の友情を手に入れましょう。

心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書 心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書 1,436 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Source: New York Post

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング