te'、新作EPを2月にリリース 新体制お披露目ライブ音源も9曲収録

リッスンジャパン / 2012年1月5日 18時0分

写真

te’『音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。』ジャケット(Listen Japan)

インスト・ポストロックバンド「te'」が、新作E.P.『音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。』を2月22日にリリースすることを発表した。

te' - アーティスト情報

2011年1月に新ベーシストとしてWRENCHのmatsuda(松田知大)が加入して以来初の作品となる今作には、タイトル曲を含む新曲3曲のほか、昨年6月25日に開催した新体制お披露目ライブの音源9曲を収録。

また3月には、東名阪リリースツアー<『波間に揺らぐ世界が、観測者の現れによってひとつの像を結ぶように、音楽は発信者の理念と、感受する聴衆の両者が交感してこそ、初めて美が具現化する。』>を開催。チケットの一般発売は、2月18日(土)に全公演一斉スタートする。

なおte'は、2月25日(土)・26日(日)に千葉・幕張メッセで行われるイベント<DEVILOCK NIGHT THE FINAL>に出演することが決定している。


【リリース情報】
ニューE.P.『音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。』
2012年2月22日リリース
ZNR-118/¥1,500(tax in)
[収録曲]
01.音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。
02.『反復』は時間観を撹拌し、思惟の歩をゆるめ涅槃の郷愁を誘う。
03.俯瞰も仰視も果ては茫洋な空に対峙す、その偉観こそ真の『現実』
04.人間は自由なものとして生まれ、至る所で『鎖』に繋がれてゆく。
05.如何に強大な精神や力といえども知性なくしては『無』に等しい。
06.天涯万里、必然を起こすは人に在り、偶然を成すは『天』に在り。
07.いつも好転する未来を望み、しかし時節の変化は『恐』れている。
08.思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを『見』せる。
09.沈黙中の表情にこそ、言葉選びに勝る本当の雄弁が『存在』する。
10.夢とは現実という平凡なものに付ける美しさに似た『嘘』の俗称。
11.言葉を用いて奏でる者は才能に在らず、ただの記憶に『過』ぎぬ。
12.我々は希望に従って約束をし、恐怖にかられて約束を『果』たす。

*TRACK4-12 Live tracks(2011/06/25@渋谷 CLUB QUATTRO)


【ツアー情報】
『波間に揺らぐ世界が、観測者の現れによってひとつの像を結ぶように、音楽は発信者の理念と、感受する聴衆の両者が交感してこそ、初めて美が具現化する。』
[日程]
3月17日(土) 大阪・LIVE HOUSE Pangea
3月18日(日) 愛知・名古屋CLUB ZION
3月24日(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
チケット一般発売:2月18日(土)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング