ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミが癌と診断 再結成に影響か?

リッスンジャパン / 2012年1月10日 5時0分

写真

再結成を発表したばかりのブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミが癌と診断(Listen Japan)

ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミが癌と診断されたことを自身のFacebookで発表した。

Black Sabbath - アーティスト情報

発表によると、アイオミは初期のリンパ腫と診断され現在最良の治療を施すために医者と療養計画を立てており、十分に回復する見込みがあるとしている。

またブラック・サバスは現在プロデューサー、リック・ルービンとのレコーディング作業をLAで行っておりトニー・アイオミと作業を継続するためにイギリスに行く予定だとしており。アルバム制作を継続し拠点を英国に移し作品を完成させる模様だ。

アイオミは今年ブラック・サバスとしての再結成を発表、アルバムリリースやフェス出演ワールドツアーなどをすでに発表している。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング