FoZZtone、4月にミニアルバムを発売&“組曲 白鯨”ライブDVDを1500枚限定販売

リッスンジャパン / 2012年1月20日 19時0分

写真

4月にミニアルバムをリリースすることを発表したFoZZtone(Listen Japan)

昨年、発売されたアルバム『NEW WORLD』が年に一度、全国・CDショップ店員の投票から選ばれる『第4回CDショップ大賞』にノミネートされるなど、音楽シーンで話題となっている3人組ロックバンド・FoZZtoneが4月11日にミニアルバム『LOVE』をリリースすることを発表した。

2012年は“Yes!”“Go!”というポジティブなスローガンを掲げ、再生・復活の音楽を鳴らしていくことを発表したFoZZtone。

本作は、昨年末からライブで既に披露されている新曲「LOVE」などを含む計4曲を収録。表題曲にもなった「LOVE」は震災があった2011年3月11日以降の渡會将士(Vo.Gt)の心情を綴ったもので、渡會は「被災地ではない場所で直接的な被害を受けずに今日まで暮らすことができた人達の心象でもあります」と説明。さらに「震災がそもそもの始まりではありますが、この曲は全ての「苦しみを代謝する為に頑張っている人々」を称える為に歌いました」と曲に込めた想いを語っている。

FoZZtone - アーティスト情報

また、2月1日にはCDリリースに先駆け同曲の先行配信がiTunes、レコチョクなど各配信サイトでスタート。

さらに、2月3日にはバンドの通販サイト「FoZZtone Shop(fozztone.shop-pro.jp)」を通じてライブDVD『“組曲 白鯨” Premium Live at 東京キネマ倶楽部』を1500枚限定でリリースすることが決定。

このライブDVDは1851年に出版された長編小説“白鯨”をモチーフに製作した『NEW WORLD』のDISC-2“組曲 白鯨”をロックオペラとして再編する為、東京キネマ倶楽部で行われたライブの模様を完全収録。

同ライブは、ゲストギタリストに安高拓郎(wilberry, ex.椿屋四重奏)を迎えステージ上にはカンテラ、一幕ごとに響く鐘の音や波の音、本編では一切MCを挟まないなど、通常のロックライブとは全く違った趣向で展開され、「ロック×オペラ」という新たな試みに挑戦し大きな話題となっている。

【リリース情報】
FoZZtone
2012年4月11日リリース
ミニアルバム
「LOVE」
XQKN-1003 ¥1,600(tax in.)
収録曲
1.LOVE
2.TOUGH!!!
3.GAME
4.Tomorrow Never Knows
5.blow by blow

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング