DIR EN GREYのボーカル京、声帯結節のため活動休止

リッスンジャパン / 2012年2月10日 13時0分

写真

DIR EN GREY、北米ツアーへの出演を急遽辞退(Listen Japan)

ロックバンドのDIR EN GREYが、2012年3月~4月に開催を予定している北米ツアーへの出演を急遽辞退することを発表した。

DIR EN GREY - アーティスト情報

辞退の理由は、予てから声帯の不調を抱えていたボーカル・京が「声帯結節・音声障碍」を患い、担当医師の判断によりストップがかかった為。京は、以前より声帯が閉鎖されない為に高音域が上手く出せず、最近では低音への支障も続いており、今後は無期限で治療期間に入るという。

DIR EN GREYは2005年より海外でも多くのライブを行っており、現在までに海外の公演数は220本以上にのぼる。今年3月にもイギリス出身のAsking Alexandriaやアメリカ出身のTriviumらと一緒に『The STILL RECKLESS Tour』と題したツアーで北米大陸を隈なく回る予定だったが、全公演出演中止を決断。

2012年1月に発表された『UROBOROS[Remastered & Expanded]』(7th ALBUM『UROBOROS』[2008年発表]のリマスター盤)は全世界から高い評価を受け、大阪城ホールにて行われた単独公演『UROBOROS -that's where the truth is-』も成功裡に終わった矢先の発表となった。

なお、バンドの活動再開時期は現時点では決まっていないとのことだ。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング