SDN48 10年後のメンバー描くラストシングルMVにAKB柏木が特別出演

リッスンジャパン / 2012年2月10日 16時0分

写真

SDN48 10年後のメンバー描くラストシングルMVにAKB柏木が特別出演(Listen Japan)

SDN48のラストシングル「負け惜しみコングラチュレーション」(3月7日発売)のMVが完成、作中にてAKB48メンバー・柏木由紀が特別出演していることが明らかとなった。

SDN48 - アーティスト情報

MVは1月下旬、朝9時から深夜0時にかけて、茨城のウェディングテーマパーク・都内ホテルの2か所にて撮影。SDN48の卒業から10年後の2022年、メンバー全員が同窓会で再会するというストーリーとなっており、アイドルっぽい制服をまとった選抜12名の歌唱シーン含む、SDN48史上最長の約12分にも及ぶ超大作となっている。

ストーリー中、芹那は女優として大成功、浦野一美は三つ子の母かつ更に三つ子を妊娠中、キャプテン・野呂佳代は生命保険の営業員など、各メンバーの10年後の姿が描かれ、政治家となった小原春香のパーティーでは、応援挨拶役をAKB48の柏木由紀が演じる場面も。

また、佐藤由加理はアイドルを辞めた反動からかオトコになっていた(!?)という衝撃の展開もあり、曲が終わりカメラが引いていくと、同窓会の会場のテレビで このラストシングルのミュージックビデオを全メンバーで観ていたという設定で、これまでの思い出を振り返るメンバーそれぞれの表情が印象的に映し出されている。

SDN48は3月14日に4年間の活動の集大成となる1stアルバムを発売、3月31日にNHKホールでのコンサートを持って全員が卒業する。


「SDN48」オフィシャルサイト
(sdn48.co.jp)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング