北島三郎、【クラウンヒット賞】で話題のオオカミバンドMAN WITH A MISSIONを激励

リッスンジャパン / 2012年2月10日 18時0分

写真

話題のオオカミバンドMAN WITH A MISSIONを激励した北島三郎(Listen Japan)

レコード会社・日本クラウンが主催し、毎年恒例となっている『平成23年度 日本クラウンヒット賞贈呈式』が、2月10日、霞ヶ関東海倶楽部で開催された。

北島三郎 - アーティスト情報

昭和38年の創業当時から続く伝統行事として、今年で48回目を迎えたこの贈呈式。

今回は平成23年度に日本クラウンからリリースされた作品を対象に、業績に寄与した作品が表彰され、演歌・歌謡曲部門から、昨年芸道50周年を迎えた北島三郎、同じく40周年を迎えたイルカ、J-POP部門からは、謎のオオカミバンドとして注目を集めるMAN WITH A MISSION、恋愛ソングの歌姫Tiaraらが参加し、ベテランから若手アーティストまでが勢揃いした。

昨年芸道50周年を迎え、2月22日には新曲「港雪」をリリースする北島三郎は、受賞者代表挨拶で「アーティスト、歌い手にとって出会いは大切なものです。色んな人と出会い時には支え合い、時にはライバルとなって成長していきます。こういう場で賞を頂く事は、励み、誇り、そしてエネルギーになるもの。仲間の皆さん、またこの場でお会い出来るようこれからも頑張っていきましょう!」とコメント。

また、昨年ロックシーンに旋風を巻き起こしたオオカミバンドMAN WITH A MISSIONは、揃いのモーニング姿で登場。大御所北島三郎からは、「同じクラウンでいい仲間ができました。目立たなきゃだめ。頑張って下さい。」と激励を受けた。


なお、MAN WITH A MISSIONは、4月4日にメジャー初シングル「distance」のリリースが決定しており、同シングルには彼らの代表曲「FLY AGAIN」をDEXPISTOLSのDJ MAARがリミックスしたバージョンを収録。また、3月14日には彼らがインディーズ時代に10000枚限定でリリースした、アルバム「WELCOME TO THE NEWWORLD -Limited Edition-」に、未発表曲などを加えた“standard edition”として再リリースすることも決定している。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング