ナカコー(iLL、LAMA)、TVアニメ『エウレカセブンAO』の劇伴を担当

リッスンジャパン / 2012年2月17日 13時0分

写真

『エウレカセブンAO』の劇伴を担当するNakamura Kojiことナカコー(iLL、LAMA)(Listen Japan)

2005年より放送されていたTVアニメ『交響詩篇エウレカセブン』の続編、『エウレカセブンAO』の製作発表会が2月16日に行われ、劇伴をNakamura Kojiことナカコー(ex.スーパーカー、現iLL、LAMA)が担当することが明らかとなった。

iLL - アーティスト情報

『交響詩篇エウレカセブン』の続編として2025年の沖縄に暮らす新主人公、少年アオの新たな物語として始まる『エウレカセブンAO』。

前作では、魅力的な世界観と斬新なロボット・アクション、そしてストレートなボーイ・ミーツ・ガールを描き、多くのファンを魅了。そのムーブメントはアニメーションだけに留まらず、さまざまなメディアへと越境し、2009年には劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が公開されヒットを記録した。

ナカコーは、『交響詩篇エウレカセブン』にスーパーカーの「STORYWRITER」を挿入歌として、劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』にiLLの「Space Rock」を主題歌として提供した経緯があり、今回の劇伴にいたっては半月で70曲以上のDEMOトラックを制作。前作から引き続き監督を務める京田知己からは「今回はロックな感じ」とテーマが伝えられ、楽曲については「そのイメージをふくらませつつ、幅の広いものが出来ていると感じます。とても楽しみです。」とコメントしている。

また、京田は「リアリティのある音が欲しかった。結果的にアクチュアルにならざるをえない状況の中で何かを物語るには、それを支えてくれるだけのリアリティが必要で、そう思っていた中でナカコーさんに音楽を頼めることになったのは非常にラッキーだったし嬉しかった。」とナカコーが劇伴を担当したことへの喜びを語っている。

【番組情報】
「交響詩篇エウレカセブン」より7年―。世代を超えた“新たな物語”始動!
『エウレカセブンAO』
放送局情報
□MBS 4月12日より毎週木曜25:55~
□TBS 4月13日より毎週金曜25:55~
□CBC 4月18日より毎週水曜26:00~
□BS-TBS 4月より放送開始
※放送時間は変更となる場合があります

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング