AKB48 13期研究生・光宗薫がCM大抜擢 前田・篠田らとの共演で存在感示す

リッスンジャパン / 2012年2月22日 16時0分

写真

AKB48 13期研究生・光宗薫がCM大抜擢 前田・篠田らとの共演で存在感示す(Listen Japan)

AKB48が23日より全国放送される日本ヒューレット・パッカード(HP)のテレビCMに登場、その中で、13期研究生・光宗薫が初のCM出演を果たした事が明らかとなった。

光宗薫は昨年の12月8日、AKB48劇場で行われた「AKB48 6周年記念公演」で初お披露目されたばかりの13期研究生。「共演する先輩方と まだ喋ったことがなかった…」と語る光宗は緊張しつつもモデル時代の経験を生かし、新人とは思えない存在感で快調に撮影をこなすと、小嶋陽菜を「すごくしっかりしてそう。もっと相談してもらいたいくらいなのに…」とうならせた。

CMでは前田敦子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美も出演し、それぞれPCへのオリジナルのこだわりを話す。なお、CM撮影時のメイキング映像は、現在YouTtube(www.youtube.com/user/HPPCJPL)にて視聴できる。



<CM撮影エピソード>

CM初出演の光宗さん。まだAKB48に入ったばかりで、先輩達4人が篠田さんのカメラで記念撮影しようとしていた時も、緊張して入りづらそうにしていましたが、篠田さんの「入って、入って!」の声に笑顔が戻り、5人揃っての笑顔の撮影となりました。

AKB48 にも入ったばかりで、「共演の4人の先輩方とまだ喋ったことがなかった…」と言っていた光宗さん。しかし、モデル時代の経験も生かし、スチール撮影のポージングも躊躇することなくキメて、新人とは思えない存在感。小嶋さんは「すごくしっかりしてそう。もっと相談してもらいたいくらいなのに…」と漏らしていました。

AKB48 - アーティスト情報

個人ごとのカットがほとんどのCMのため、一番最後の光宗さんの撮影が終わったのは夜中の0時半。それでも、集中力を切らさずに初めてのCM撮影に全力で臨んだ光宗さん。「たくさん経験を積んでいきたい。それを無駄にしない自信はある」と力強い言葉を残し、撮影場を後にしました。

仲の良い篠田さんと板野さん。5人揃っての撮影で、長いセリフに板野さんが少し噛んでしまったとき、「噛まないでよ~」とすかさず篠田さんが突っ込み。板野さんは少しシュンとなりましたが、同じく篠田さんの「テンション上げてこー!」の掛け声に笑顔を取り戻し、次のセリフは完璧にこなしました。また、4人の大先輩を前に最後のコメントは光宗さん。噛まずに言うことができてから、思わず「緊張した~」と、ほっと息をもらしていました。

日本HPのCMに初出演の前田さん。これまでのCMとはうって変わって落ち着いた印象のCMですが、2012年で成人式を迎えた前田さんは「もし選ばれたら、できるだけずっと愛してほしい」とオトナっぽく語っていました。その空気感に合わせて語りかけるようなCM のセリフにも「自分に近い感じでできた」と完璧に対応しました。そんな前田さんのCM内で見ることが出来る微笑みは必見です

チェックのシャツを着こなして登場した篠田さん。セリフに詰まってしまうと、監督が「そんな感じで、どんどん自分の言葉にしてください」とオーダー。それ以後は、言葉にどんどん気持ちが入っていたようで、「普通じゃいや。キレイで目立っていたい。それがわたしのこだわり」とCM のセリフを決め、プロの想いが垣間見えました。

CMで使用する絵を描いていた小嶋さんは、いつも犬や猫を落書きしているようで、絵が得意な様子。音符を描いてとリクエストされ、ノリノリで描く小嶋さんに対し、出来上がった絵を見たスタッフから「おたまじゃくしだろ!」と笑顔でつっこみを入れられていました。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング