BACK DROP BOMB、ニューアルバム発売記念フリーライブは大盛況のうち終了

リッスンジャパン / 2012年2月22日 19時0分

写真

下北沢GARDENでフリーライブを開催したBACK DROP BOMB(Listen Japan)

通算5枚目となるアルバム『THE OCRACY』をリリースしたBACK DROP BOMBが、本作の発売を記念したフリーライブをアルバム・リリース前日2月21日に下北沢GARDENで開催、熟練されたステージングで集まった約600人のファンを魅了した。

BACK DROP BOMB - アーティスト情報

この日はライブ会場で、一足先に最新作が販売されるということもアナウンスされており、4年ぶりの新作の発売を待ちきれないファンが殺到、開演前からオーディエンスの期待と興奮が充満し、新作にも参加しているTA-1(ex.Riddim Saunter)のDJによるオープニングから開場は大いに盛り上がりを見せた。

そしてBACK DROP BOMBのアルバム作品には欠かせないDJ WATARAIの新たな「INTRO」が鳴り響き、アルバムのジャケットが大きく写し出されたスクリーンがゆっくりと上昇すると1曲目「PROGRESS」からライブはスタート。EGO-WRAPPIN’のサポートなどで知られる武嶋聡、山縣賢太郎(オーサカ=モノレール)といった今作の特徴とも言えるホーン隊の演奏が骨太なBDBのサウンドとからみつき、大きなうねりとなってフロア全体を覆う。

アルバムの曲順をなぞるように演奏された新曲「VOICELESS SCREAMIN’」は「メタル」の重さと「ファンクネス」が同居する貫禄を感じさせるナンバー。間髪入れずに、2曲が披露され新曲によって火がついたファンの興奮に油を注ぐように「Bounce It~Blazin’」「Turn On The Light」といったお馴染みのキラーチューンが連発される。続く「You Up Around」を最後に一旦メンバーがステージを後にすると、更なる演奏を切望する熱っぽい歓声が響き渡る。そんな中、ファンの期待に答えるかのように再び登場した彼らは往年の代表曲「Bad News Come」を披露しライブを締めくくった、

終演後も会場には興奮が冷め切らないファン達は、これから出演が控える『DEVILOCK NIGHT THE FINAL』、『KAIKOO POPWAVE FESTIVAL 2012』、さらには12年ぶり復活した『BAD FOOD STUFF』といったイベントでの再会をいつまでも熱っぽく、満面の笑顔で語り合っていた。

【イベント情報】
BACK DROP BOMB
フリーライブ
開催日:2月21日(火)
開催会場:GARDEN SHIMOKITAZAWA
【セットリスト】
1.PROGRESS
2.VOICELESS SCREAMIN’
3.Bounce It~Blazin’
4.Turn On The Light
5.RENZOKU NO MIRAI
6.Remind Me
7.In Order To Find The New Sense
8.BEAT DOWN
9.You Up Around
―アンコール―
10.Bad News Come

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング