ブルース・スプリングスティーン新作試聴10日目 最終回

リッスンジャパン / 2012年3月2日 14時0分

写真

国内盤は3月21日発売 ブルース・スプリングスティーンの最新作『レッキング・ボール』(Listen Japan)

先行されていたリード曲「We Take Care of Our Own」以降の10曲を約2週間に渡り曲順に解禁してきたブルース・スプリングスティーンの『レッキング・ボール』の先行試聴。最終日はUS盤最後を飾る「We Are Alive」だ。

昨日の「Land of Hope and Dreams」でも触れたが、前半のやり場の無い怒りや憂鬱になるほど打ちのめされた人たちを描いた本作は、後半に向かい力強さと新たな決意を持って歩み始める。「We Are Alive」でも登場人物は移民労働者などの弱者たちだ、曲冒頭はシンプルなアコースティック・フォーク、中盤からはジョニー・キャッシュの「リング・オブ・ファイア」を彷彿とさせるホーンを加えた陽気なマリアッチ風の曲想と共にフィナーレを迎える。

Bruce Springsteen - アーティスト情報

昨年自ら率いるEストリートバンドの象徴的サックス奏者で親友、クラレンス・クレモンズを失い喪失感の中から自らを奮い立たせたブルース・スプリングスティーン。
そんな中誕生したアルバム『レッキング・ボール』はすでに数多くの主要メディアからも絶賛されている。

「少なくとも一人のベテラン・ロッカーが今も怒り、情熱に駆られ、変化を生み出すために死にもの狂いであると分かって本当に心強い」
――デイリー・テレグラフ紙

「傷ついたアメリカの腹の底から湧き上がる怒りの叫びのような、ウォール街やその他すべてのアメリカを見捨てた者たちの脳天に見舞う、NJの鉄球の一撃のような作品だ」
――The Guardian紙

その楽曲の多くは自身の国アメリカに向けたものと捉えられがちだが、これら「庶民の怒り」は全世界のテーマでもある。

【リリース情報】
BRUCE SPRINGSTEEN 『WRECKING BALL』
ブルース・スプリングスティーン『レッキング・ボール』
日本盤 2012年3月21日発売
★初回生産限定スペシャル・エディション:豪華デジブック仕様 ¥2800(税込) SICP3460
(『WORKING ON A DREAM』の初回限定版のようなちょっとサイズが大きい、
本のような豪華版。このスペシャル。エディションのみのエクスクルーシヴ・アートワークとともに、ボーナストラックとして「Swallowed Up」「American Land」
の2曲を追加収録)
★通常盤:紙ジャケット仕様 ¥2520(税込) SICP3461

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング