コブクロ・小渕健太郎制作の「桜(ギターver.)」が話題に

リッスンジャパン / 2012年3月19日 13時0分

写真

コブクロの小渕健太郎(写真:右)が制作した「桜(ギターver.)」が好評(Listen Japan)

3月7日に配信リリースされたコブクロの小渕健太郎制作による「桜(ギターver.)」が、配信チャートで連日1位獲得と注目を集めていることが明らかになった。

コブクロ - アーティスト情報

「桜(ギターver.)」は、コブクロの代表曲の一つ「桜」を小渕健太郎が様々なギター奏法を駆使して作り上げたギター音源の第2弾。

今年1月に第1弾「流星(ギターver.)」が配信され注目を集めたが、今作は配信開始以来レコチョク「ジャズ/クラシック・フル」デイリーランキングで8日間連続で1位、3/14付ウィークリーチャートでも1位を獲得と早くも好評となっている。

何本ものギターを重ねて作られた繊細なメロディーは今までの「桜」とは一味違った雰囲気に仕上がっており、さらに携帯でもより良い音で聴けるようにと、小渕本人がMIX作業からマスタリング作業までを完全監修したこだわりの一曲。
“桜ソング”の定番曲として愛され続けているコブクロの「桜」が、今年はギターver.へと新たに生まれ変わって全国各地に春を届ける。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング