“メンバー全員がメインボーカル”実力派ボーカル・アイドル・グループ、CODE-Vが5月に日本デビュー

リッスンジャパン / 2012年3月30日 20時0分

写真

実力派ボーカル・アイドル・グループ、CODE-Vが5月に日本デビュー(Listen Japan)

2010年韓国でデジタルシングル・デビューして依頼、メンバー全員がメインボーカルを務めることが出来る歌唱力を持つことから、アイドルグループを超えた実力派ボーカルグループとしても人気を集めてきたCODE-V(コードブイ)が5月30日に「君がくれたもの」で日本デビューすることが決定した。

V.A.(映画サントラ/韓流) - アーティスト情報

これまでに韓国で高い視聴率を記録した人気ドラマ「ジャイアント」、「製パン王キム・タック」のオリジナル・サウンドトラックに参加するなど韓流ドラマ・ファンの間ではいち早く日本でも注目されてきた彼ら。昨年5月の韓国デビューアルバムの発売の際にはいち早く東京で単独コンサートを開催しソールドアウトとなっている。

日本でのデビュー曲「君がくれたもの」は、圧倒的な歌唱力と美しいコーラスワークを存分に味わえるセツナバラードソング。カップリング曲にはアップテンポなダンスチューン「Shooting Star」や韓国での1stアルバムのタイトル曲「正直に言うよ」日本語バージョン、さらに彼らのフェイバリット・アーティストでもあるジェイソン・ムラーズの名曲「I’m Yours」アカペラ・カバーの計4曲を収録している。

なおCD発売に先駆けて携帯音楽サイト【music.jp】内のうた・フル・スマホ・韓流フルなどでも大々的にフィーチャーすることが決定。5月16日には「君がくれたもの」の着うたフルの独占先行配信も決定している。

今後の韓流を語る上で外せない注目のアーティストの登場と言えるだろう。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング