バカリズム、「どれだけ笑わせられるか?」RAM RIDER新作でPV監督に挑戦

リッスンジャパン / 2012年4月5日 11時0分

写真

約7年振りにアルバムをリリースするRAM RIDER(Listen Japan)

人気お笑い芸人バカリズムが、約7年振りにアルバムをリリースする実力派プロデューサー兼アーティストRAM RIDERの楽曲「HELLO starring ORANGE RANGE」で、PV監督を務めていることが明らかになった。

RAM RIDER - アーティスト情報

バカリズムとRAM RIDERは、かねてから作品を通してお互いを認識していたが、Twitterをきっかけに出会い意気投合。3年前よりRAM RIDERがバカリズム コントライブの音楽を担当し、RAM RIDERのライブでは、バカリズムがナレーションを担当するなどその親交は深い。

同曲は、4月11日にリリースされる、中川翔子、南波志帆、MEG、Bose(スチャダラパー)らゲストボーカルが参加するRAM RIDERの新作アルバム「AUDIO GALAXY - RAM RIDER vs STARS!!! -」に収録されており完成したビデオクリップはバカリズム本人の作画で構成されている。

今回のPV監督について、バカリズムは「PVを作るという感覚ではなく、こちらのフィールドでRAMさんのかっこいい音楽に乗せて、どれだけ笑わせられるか?ネタを作る感じでした。思いっきり笑える作品になっていると思います。好き勝手やらせて頂きました。」とコメント。

RAM RIDERも「今回の作品では素敵な歌に加えて素晴らしい映像まで制作していただきバカリズムさんには一生頭があがりません。これからもバカリズムライブに良い音楽を提供できるよう頑張っていきたいと思います。」とコメントを寄せた。

なお、4月12日には、渋谷SOUND MUSEUM VISIONで「RAM RIDER AUDIO GALAXY RELEASE LIVE!!!」と題した、アルバムリリース記念ライブを開催。ゲストボーカル参加した野宮真貴、南波志帆、NAO☆(Addy)、藤岡みなみが駆けつける。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング