Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”千秋楽レポ!

リッスンジャパン / 2012年4月9日 12時0分

写真

Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”千秋楽公演より(ListenJapan)

アニメ、映画、ゲーム、舞台、TVなど幅広い分野で活躍し、ソロプロジェクト・Fiction Junction、ボーカルユニット・Kalafinaのプロデュースなどでも知られているマルチ音楽コンポーザー・梶浦由記。彼女のワンマンライブ【Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”】の千秋楽が、4月8日(日)なんばHatchにて開催されました!

そこで今回は、チケットが即完売となり、約1,000人の超満員の観客で盛り上がりをみせたという同ライブの公式レポートをお届けします!

Newtype アニメミュージックダウンロード

--------------------------------------------------------

■チケットは即完売で約1,000人の超満員の観客が千秋楽のライブに大興奮と大感動!!

Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”

NHKの歴史情報番組「歴史秘話ヒストリア」やNHKスペシャル「世界里山紀行」のテーマ音楽など、作詞・作曲・編曲を手がけるマルチ音楽コンポーザーの梶浦由記が、4月8日(日)なんばHatch(大阪市浪速区)でワンマンライブを行った。

今回のライブは8回目。先月3月16、17日には2デイズの渋谷公会堂ワンマンライブを超満員で大成功させ、4月8日は千秋楽のライブとなった。

セカンドシーズンがはじまったばかりのTVアニメ『Fate/Zero』のサウンドトラックから「the beginning of the end」と「the battle is to the strong」。
NHKの歴史情報番組「歴史秘話ヒストリア」からは「fenetic」。まるで人類の幕開けのような幻想的音楽で始まった。

そして梶浦は「いつものレギュラーボーカル陣に加え、梶浦サウンドには欠かせないFRONT BAND MEMBERS、ゲストボーカルに伊東えり、戸丸華江、そしてフルーティストの赤木りえの豪華ラインナップでお送りします」と開会宣言。
昨年社会現象にもなったテレビアニメ「魔法少女まどか☆マドカ」のサウンドトラックからは「sis puella magica!」「Credens justitiam」も披露。
観客は「satoyama main theme」や「星屑」などバラード曲は身じろぎもせず聞き入っていたかと思えば、FictionJunctionのシングル曲「stone cold」などアップテンポの曲は縦揺れ、横揺れなど思い思いのノリ方で全24曲を鑑賞した。

梶浦はアンコール後のMCで、自らが作詞作曲を手掛けることになりKalafinaが歌う事になった「NHKみんなのうた」(本年6月から放送予定)について「子供のころからの夢だった」とコメント。
「みんなのうたの音楽は今でも歌えるし忘れない。みんなのうたって実はノンジャンル。こんな音楽番組は他にはない素晴らしい番組だと思う。
今考えると音楽的にノンジャンルに何でも詰め込んでしまう私の音楽の根本にあるものは、みんなのうたの経験だったのかも」とコメントした。
また「みんなのうたの曲を書くことは私の夢だった。夢が叶うということはとてもうれしい」と語った。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング