AKB48・多田愛佳、映画初主演で好演 「自分に自信が持てた」

リッスンジャパン / 2012年4月18日 2時0分

写真

AKB48・多田愛佳、映画初主演で好演 「自分に自信が持てた」(Listen Japan)

AKB48の多田愛佳が主演した映画「X(バツ)ゲーム2」の先行プレミアム上演会が17日、都内にて行われ、上映前の舞台挨拶に多田愛佳・ユキリョウイチ・白石朋也・瀬戸カトリーヌ・名高達男・山田雅史監督が登壇した。

AKB48 - アーティスト情報

本作は人気作家・山田悠介作のサスペンスホラー第二弾で、前作では多田も所属する「渡り廊下走り隊7」より菊地あやか・仲川遥香が出演。
「Xゲーム2」にて映画初主演となった多田は「初めての主演ということで緊張したんですけど、自分に自信が持てた映画になったと思います。第一弾には菊地あやかちゃんと仲川遥香ちゃんが出ていたので比べられるプレッシャーもありましたが、出演者の方とのチームワークで乗り切りました」とコメント。

「菊地・仲川から何かアドバイスはあったか?」と聞かれた多田は「あやりん(菊地)からはあまりアドバイスが無くて(笑)はるごん(仲川)からは『ホラー映画だけど凄く楽しいよ。お菓子がいっぱいあるので(太るので)気をつけてね』って言われて…演技のアドバイスはあまりなかったです(笑)」と語り会場をわかせた。

映画の見所についてユキリョウイチは「ストーリーの迷路の中に巻き込まれてしまうような、ハラハラドキドキする作品です」、瀬戸カトリーヌは「ホラー映画が大好きなので、本作に携われて嬉しいです。前作を上回る怖い密室劇になっているのでお楽しみください」と述べ、名高達男は「中学生の息子が この作品を知っておりまして。『お父さんこれにでるの?』と興奮しておりました」と笑顔で語った。

また、印象に残っているシーンについて白石朋也が「全部が印象的ですが、あるシーンで僕がこの世の中で『一番嫌いなもの』をつける所があるんです」と話すと、山田監督は「撮影の多くは窓も閉じた密室の中で行われて。蒸し暑くて撮影自体が『罰ゲーム』でした」と、撮影秘話を披露。

最後に多田が「この『Xゲーム2』はとてもメッセージ性の込められている映画だと思うので、そのメッセージを今後の生活に生かして欲しいです(笑)あと、私の最後のシーンが見所と思うので、そこの注目して見て欲しいです」とPRし、会場から大きな拍手が贈られた。

映画「Xゲーム2」は4月21日、ユナイテッド・シネマ豊洲より全国順次公開。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング