9nine 青年館ワンマン大成功、汗と涙の青春ライブに2600人が熱狂

リッスンジャパン / 2012年5月7日 3時0分

写真

9nine 青年館ワンマン大成功、汗と涙の青春ライブに2600人が熱狂(Listen Japan)

パフォーマンスガールズユニット・9nineが6日、東京・日本青年館にてワンマンライブ「青年館の9nine」を行い、昼・夜2回公演にて約2600人のファンが集結。8月19日には日比谷野外音楽堂でのライブ開催も発表され、グループの進化を存分に魅せた公演となった。

9nineのワンマンライブは2010年9月のリニューアル後、今回が3回目。
”アイドルの聖地”日本青年館にて行われた本ライブのオープニングでは、青年館に挑むメンバーに向けてファンがメッセージを書き込んだ”9nineフラッグ”のメイキング映像が映しだされ、会場からは早くも大声援が上がる。

映像が終わると鮮やかな赤の衣装を身にまとったメンバーが登場。現メンバーにてリニューアルデビューした楽曲「Cross Over」を歌い上げ、ライブは華やかに幕を開けた。

自身“初”のホールワンマンに川島海荷は「すごく広くて音が響くのが新鮮な感じ ! こんなにたくさんの方が見に来てくれて楽しむしかないです ! 」、村田寛奈は「今このステージに立っているのがワクワクドキドキ ! 」、佐武宇綺は「9nineファミリー多いな~。みんなの毛穴まで見えるからしっかり隠しといてね(笑)。9nineの歴史に残るライブにしたいと思います ! 」と、それぞれあいさつ。

ステージ後半戦では、水兵さんをイメージしたマリンルックを身にまとったメンバーがアルバム「9nine(3月7日発売)」内のボーナストラック、「9nine o’clock」を初披露。
そして、西脇彩華が「みなさん、楽しんでますか~~私たち9nineは6月20日にニューシングル『流星のくちづけ』をリリースすることになりました ! 先月レコーディングしたばかりのできたてホヤホヤの新曲を今から皆さんの前で初披露したいと思います ! 」と語り、新曲「流星のくちづけ」を初パフォーマンス。

「流星のくちづけ」は、これからの初夏の季節にピッタリなキラキラした恋愛を描いた青春ド直球なナンバー。川島は「とにかくキラキラしていて、流星とともに歌詞が降ってくる感じ。素敵な曲で大好きです ! 」、村田は「夏が始まるワクワクな感じ。歌詞を聴いて、こういうのって青春 ! って思いました ! 私もJK(女子高生)になったし、青春していきたいです ! 」と語り、吉井香奈恵は「キュンキュンして、自分で歌っていてもテレるんです。ピュアな恋の歌なので」と、それぞれに新曲をアピールした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング