大島優子 ディズニー映画の主演吹き替えに抜擢「自分に魔法をかけたい!」

リッスンジャパン / 2012年5月8日 13時0分

写真

大島優子 ディズニー映画の主演吹き替えに抜擢「自分に魔法をかけたい!」(Listen Japan)

AKB48の大島優子が8日、ディズニー/ピクサーの最新映画「メリダとおそろしの森」の日本語吹き替え版公開アフレコを行い、主人公メリダを演じることへの意気込みを語った。

AKB48 - アーティスト情報

本作は「カールじいさんの空飛ぶ家」、「トイ・ストーリー」などのヒット作を世に生み出してきたピクサーが、スコットランドを舞台に王女メリダの冒険を描いた感動のファンタジー・アドベンチャー。
自由を愛するあまり王家の伝統を疎ましく思うメリダが、ある日、禁じられていた「森の魔法」を使ったことから王国に呪いがかかり、存続の危機に直面してしまう…というストーリーとなっている。

大島は勇気を持って森と立ち向かい、王女としての自覚に目覚め成長していく主人公メリダの姿にぴったりという理由で日本語吹き替え版の声優に抜擢。
報道陣の前で初アフレコを行った大島は「ディズニー/ピクサーさんの作品が好きで、特に『トイ・ストーリー』が大好きです。今まで素晴らしい声優さんの演技に引き込まれていた いち視聴者だったので、自分が出るのは夢のよう」とニッコリ。

続けて「『ハリウッド映画』と聴くと萎縮しちゃうので、なるべく意識しないようにメリダを演じました。メリダとお母様との距離感が難しくて。でも、メリダの動きに合わせて自分も動きながら演技をしてみたり、いろいろ試行錯誤するのが楽しかったです」とアフレコの感想を語った。

自由奔放で お転婆なメリダの性格が自分と似ているのでは、と語る大島。「もしメリダのように魔法を使えるとしたら?」と聞かれると「森の魔法なので、動物と話せるようになりたい。自分が飼っている うさぎの気持ちもわかるので。魔法をかけるなら自分自身。ずっと魔法を使える魔法を自分にかけたい!」とコメントし、会場をわかせた。

映画は7月21日より全国公開。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング