RSP、お馴染み「ドン・キホーテ」店内ソングを斬新アレンジ 配信限定リリース決定

リッスンジャパン / 2012年5月15日 12時0分

写真

「ドン・キホーテ」店内ソングの新アレンジを配信リリースするRSP(Listen Japan)

5月に入り、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」店内でいつもと違うテーマソングが流れていると話題になっていたが、この謎の歌手の正体が、2007年に数々の最優秀新人賞を総なめにしたユニット“RSP”であることが明らかになった。

RSP - アーティスト情報

RSPは、三木道三の楽曲のアンサー・ソングとしてリリースした「Lifetime Respect-女編-」をはじめ、既存曲を新しく蘇らせてヒットを連発してきたアーティスト。

今回、メンバーのAiが“青春時代の思い出の場所”と呼び、地元京都で毎日のように通っていたドン・キホーテのテーマソング「ミラクルショッピング」を新たにアレンジしてみたいと懇願。「この曲でニッポンを元気にする!」と志し、昨年末より実現に向けてのプロジェクトが水面下で進められてきた。

RSPの歌う「ミラクルショッピング~恋に落ちて~」は、メンバーたっての希望により、原曲にて作家兼歌手を務めたドン・キホーテの現役部長、田中マイミ氏がプロデュースを担当。誰もが口ずさめる同曲へのオファーは数多くあるものの、現在までに実現したのはRIKIに続きRSPが2組目だという。

「ミラクルショッピング~恋に落ちて~」は、5月23日に配信限定リリース。5月16日からは着うた(R)の先行配信がスタートする。
なお現在レーベル公式YouTubeチャンネルでは、同曲のミュージックビデオを公開中。


【リリース情報】
配信限定「ミラクルショッピング~恋に落ちて~」
着うた(R) 5月16日~
着うたフル(R) 5月23日~

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング