AKB48・前田敦子、初の映画主題歌 担当に「感無量」

リッスンジャパン / 2012年6月11日 2時0分

写真

AKB48・前田敦子、初の映画主題歌 担当に「感無量」(Listen Japan)

映画「LOVE まさお君が行く!」の完成披露試写会が10日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーにて行われ、サプライズゲストにAKB48・前田敦子が登場した。

AKB48 - アーティスト情報

本作は、テレビ番組「ペット大集合!ポチたま」の人気コーナー「まさお君が行く!ポチたまペットの旅」の実話から生まれた、笑いと涙とラブいっぱいの物語。ダメ犬・まさお君(ラブラドール・レトリーバー)と、売れない芸人・松本君(香取慎吾)のワン(犬)マン(人)コンビが さまざまな奇跡を起こしていく。

完成披露試写会には、香取慎吾、広末涼子、まさお君はじめ、大谷健太郎監督、木下隆行(TKO)、大久保佳代子(オアシズ)が登壇。香取が まさお君と一緒に客席に登場すると、事前に配布していた、まさお君のトレードマークである赤いバンダナが一斉に振られ会場は赤一色に。まさお君も興奮した様子で香取と一緒に場内を一周し、会場は「かわいいー」という大歓声に包まれた。

さらに、本作の主題歌「君は僕だ」を歌う前田敦子がサプライズゲストとして登場。主役の香取に花束を贈呈すると会場の興奮はピークに。映画主題歌の担当は初となった前田は「感無量です」と喜びを語り、「犬と人間という関係を超えて、友情というか、愛情を感じて、すごく感動しました」と作品の感想をコメントした。

映画「LOVE まさお君が行く!」は、6月23日より全国公開。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング