T-BOLANが13年ぶり再結成 全国16カ所で復活ライブ開催

リッスンジャパン / 2012年6月15日 12時0分

写真

T-BOLANが13年ぶりオリジナルメンバーでの再結成を発表(Listen Japan)

1999年に解散した4人組ロックバンドのT-BOLANが、13年ぶりにオリジナルメンバーで再結成することを発表した。

T-BOLAN - アーティスト情報

ボーカル・森友嵐士の声帯が不調となったため活動休止に至り、そのまま解散したT-BOLAN。その後、声が回復した森友は2年前からソロ活動を行っていたが、そんな中起こった東日本大震災が再結成の一つの転機となったという。
震災復興ボランティア活動に参加するたびに生き方、在り方、そしてT-BOLANへの想いに触れることになり、いつしかメンバー4人での再会を決意。それぞれの今の気持ちを確かめあい、デビュー20周年を締めくくる年に復活を遂げることとなった。

森友は「13年ぶりの再結成。T-BOLANという名のバンド。4人それぞれに13年の月日が流れているけれど、音を出す事で、僕たちは時間の流れを飛び越えて、ひとつになれる喜びを実感しています」とコメントを寄せている。

今回の再結成と共に、10月4日のハーモニーホール座間を皮切りに全国16都市18公演に及ぶ『“BEING LEGEND” Live Tour 2012』の開催も決定。
このライブはT-BOLANをはじめ、90年代前半「ビーイング・ブーム」という社会現象まで巻き起こした、当時のビーイング所属アーティストが集合、ヒット曲の数々を披露するもの。来年デビュー20周年のDEENをスペシャル・ゲストに迎え、FIELD OF VIEW、そして昨年再結成したB.B.クィーンズの4組が出演する。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング