「坂道のアポロン」今夜衝撃の最終回! ジャズライブ&OST第2弾情報も!

リッスンジャパン / 2012年6月28日 17時0分

写真

『アニメ「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare』ジャケット画像 (C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会(ListenJapan)

監督に渡辺信一郎、音楽に菅野よう子、キャラクターデザインに結城信輝という豪華スタッフ集結のもと、フジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて好評放送中のTVアニメ「坂道のアポロン」(原作:小玉ユキ/小学館「月刊フラワーズ」連載)が、本日6月28日(木)、いよいよ最終回を迎えます!

第11話で、姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?
奇跡的に出会った薫と千太郎がジャズを通じて共鳴し輝いた時間。その光を失った薫の心はどこへ向かう?そして、相棒との絆はどうなるのか…? 衝撃展開の最終回に乞うご期待です(最終話は5分繰り下げの24時50分からの放送になります)。

また、好調な売り上げを記録しているサントラの第2弾となる『アニメ「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare』が7月25日にリリースされます。今作には、予告などで印象的な迫力の千太郎ドラムソロや名曲ジャズ「Moanin’」の別テイク、前作未収録の菅野よう子書き下ろし音源、CM前後のジングルや“日常BGM”、さらには“ザ・オリンポス”がカバーするロックンロールナンバー等を収録。まるで第1弾サントラの下書き風に仕上がったジャケットも必見です。サントラの最新情報については特設サイト(www.apollon-jazz.com/)をご参照ください。

そしてこの度、「坂道のアポロン」のジャズライブが、ブルーノートジャパン系列のモーションブルー・ヨコハマにて、8月27日(月)に開催されることが明らかになりました。劇中の薫と千太郎の演奏を吹き替える松永貴志(Pf)と石若駿(Dr)をはじめとする、これからのジャズシーンを担うミュージシャンたちによる一夜限りのスペシャルライブ。「坂道のアポロン」の舞台と同じようなジャズの香る港町、横浜赤レンガ倉庫内にライブスペースを構えるちょっと大人な空間で、本作を彩る名曲ジャズたちを堪能するチャンスです。ライブに関する詳細は「坂道のアポロン」オフィシャルサイト(www.noitamina-apollon.com/)にて後日発表がなされるとのこと。気になる人はチェックをお忘れなく!

Newtype アニメミュージックダウンロード

----

■坂道のアポロン JAZZ LIVE ~featuring 松永貴志Kaoru Piano, 石若駿Sentaro Drums~

開催日:8月27日(月)
場所:モーションブルー・ヨコハマ
ミュージックチャージ:¥3,600(税込)
出演:松永貴志(Pf)、石若駿(Dr)他

----

2012.7.25 ON SALE

『アニメ「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare』

品番:ESCL-3879
価格:¥2,500(税込)


(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング