マイケル・ジャクソンの名作『BAD』とツアーの裏側を描いたドキュメンタリーをスパイク・リーが制作中

リッスンジャパン / 2012年7月11日 17時0分

写真

マイケル・ジャクソン『BAD』の裏側を描いたドキュメンタリーをスパイク・リーが制作中(Listen Japan)

ソニー・ミュージックとマイケル・ジャクソン・エステートが、アルバム『BAD』のリリース25周年を祝して新たなマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー・フィルムを制作中であることを発表した。

監督は、ドキュメンタリー作品で数多くの賞を受賞しているスパイク・リーで、マイケルがパフォーマーとして、作曲者として、そしてプロデューサーとして頭角を現す転機となったアルバム『BAD』の制作と、数々の記録を塗り替えたエポック・メイキングな『BADワールド・ツアー』の舞台裏を深く追った映像作品となる予定。

スパイク・リーは、自ら当時の振付師、ミュージシャン、その他共演者やスタッフも含め既に40名以上にインタビューを行った。中には、アカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシやジョー・ピトカをはじめ、当時のパーソナル・エンジニアのマット・フォージャー、アルバムのレコーディングとツアーにも参加したキーボードのグレッグ・フィリンゲインズ、元CBS社長ウォルター・イエトニコフや振付師ジェフリー・ダニエル、ヴィンセント・パターソンら関係者の他、カニエ・ウェスト、マライア・キャリー、シーロー・グリーン、そして『BADワールド・ツアー』でバック・シンガーも務めたシェリル・クロウなど、現在のトップ・アーティストが『BAD』について証言するインタビューも既に収録されているという。

Michael Jackson - アーティスト情報

スパイク・リーは「僕はマイケル・ジャクソンの大ファンというだけでなく、彼と知り合い、一緒に作品を作る機会も得ることが出来て、彼の遺してくれたものに深い思い入れを持っている。このプロジェクトで、『BAD』が彼のキャリアの中でいかに大きく重要な転機だったのかを解明し、アルバムと、それに伴うショート・フィルムのメイキングやツアーにまつわる、このまま明かされることもなかったかもしれない、感動の逸話の数々を発掘することができたと思う」と話している。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同管理者であるジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、「スパイク・リーの語り手としての才能と、マイケルの芸術性に対する情熱・素直な感動という組み合わせを思えば、『BAD』の物語を伝える監督として彼以上の人物はいない。この特別なプロジェクトで彼とコラボレーションできるのは非常に嬉しいことだ」とコメント。

このドキュメンタリーは、『BAD』25周年記念プロジェクトのひとつで、他にもマイケル・ジャクソンの未発表音源や、未発表であった『BAD』ワールド・ツアーのライヴ映像が詰まった『BAD25周年記念盤』が9月19日に3形態で発売される。

【リリース情報】
『BAD25周年記念デラックス・エディション』(4枚組:3CD+1DVD)
CD1. オリジナルの『BAD』アルバム(最新2012年リマスター)
CD2. 未発表アウトテイク、デモ音源、NEWリミックス音源集
CD3. ライヴ・アット・ウェンブリ―(マイケル初のLIVEアルバム!)
DVD. ライヴ・アット・ウェンブリ―JULY 16. 1988

『BAD25周年記念スタンダード・エディション』(CD2枚組)
CD1. オリジナルの『BAD』アルバム(最新2012年リマスター)
CD2. 未発表アウトテイク、デモ音源、NEWリミックス音源集

『ライヴ・アット・ウェンブリー JULY 16.1988』(1DVD)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング