中村 中、バンド編成で挑んだ一夜限りのコンサートレポートが到着

リッスンジャパン / 2012年9月18日 14時0分

写真

中村 中、バンド編成で挑んだ「聞こえる プレイボタンを押せ!」コンサート(Listen Japan)

中村 中が9月15日(土)東京国際フォーラム ホールCにて「中村 中LIVE2012 聞こえる プレイボタンを押せ!」を開催した。

4月にリリースした最新アルバム『聞こえる』を携えたアコースティック・ツアー“阿漕な旅2012~未来に宛てた手紙~”を、5月から7月にかけて行った中村 中。それに続く今回の東京国際フォーラム公演も、“聞こえる~プレイボタンを押せ!~”というタイトルが示すように、アルバム『聞こえる』と連動。

中村 中 - アーティスト情報

ただし本公演は、ギターとチェロの伊藤ハルトシ、キーボードの大坂孝之介というアコースティック・ツアーでもお馴染みの顔ぶれに加え、ドラムスに林久悦、ベースに林由恭という双子のリズム・セクションを迎えたバンド編成。中村の幅広い音楽性を存分に披露する意欲的かつ挑戦的な内容である。

合唱曲「聞こえる」をピアノとチェロをバックに歌って幕を開けた本編は、<過去><現在><未来>の三部に分かれており、それぞれ衣装も変えるというコンセプチュアルな構成となった。

「平熱」を歌った後のMCでは、東日本大震災を経て普通であることの大切さを訴え、自らの体験も交えて語ったいじめの問題をテーマにした新曲「同級生」へと続く。その語り口は親しみやすいが、一転して「戦争を知らない僕らの戦争」では、真っ赤なライトに照らされながら戦場で負傷したあ兵士が憑依したかのように鬼気迫る形相で髪を振り乱し、客席を圧倒。

その後の<未来>の部では、キラキラと輝くスパンコールの衣装に身を包み、ビートの効いたバンド・サウンドを連発。さらに「闇のまん中」は、打ち込みのダンス・ナンバーで、四人のプレイヤーは楽器の代わりに手にしたスポットライトで場内を照らしていく。その変幻自在の華やかさは、性別を超越したオーラを放つグラム・ロックの代名詞として一世を風靡した70年代のデヴィッド・ボウイを連想させる。

彼女の歌から伝わってくる人生観は、とても成熟した強さを感じる。自分の生き方が明確に分かっている者ならではの濃度、いわば生きる姿勢そのものの迫力を、見事な歌唱力で伝えてくれるステージだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング