「つんつべ♂入門フェス」で注目アイドルグループが大集合

リッスンジャパン / 2012年9月25日 15時0分

写真

「つんつべ♂入門フェス」で注目アイドルグループが大集合(Listen Japan)

音楽バラエティー番組「つんつべ♂」(TOKYO MX)が熱い。昨年から始まった同番組の注目アイドルが一堂に会する「つんつべ♂入門フェス」が9月16日、都内・新宿BLAZEで開催された。つんつべ主催として8回目を迎えた今回は、通常の「つんつべ♂フェス」と「産地直送アイドルフェス」をバイブリッド。カラーの異なるアイドルグループが多数出演し、1部・2部ともにファンが会場を埋め尽くした。

トップバッターは、九州各県在住の幅広い年齢層のメンバーがいる青SHUN学園。初出演ということでリハーサルから気合をみなぎらせ、PAスタッフに「声がでかい!」と言わせるほどの大声であいさつ。本番でもそのフレッシュなパワーは途切れることなく、男性メンバーを含む構成でアップテンポなナンバーを立て続けに披露。見事なステージングで、のっけから会場を大いに盛り上げた。

CDデビューを果たしノリに乗っているAKIHABARAバックステージpassのアイドルキャストで構成される「バクステ外神田一丁目(いっちょめ)」も絶好調。1曲目の「バックステージpassのテーマ~推しはキミさ」を歌い終えると、「未来のプロデューサー(お客)のためにノンストップでいきます!」と宣言し、連続で4曲を熱唱。

愛知県名古屋から超絶元気を発信するOS☆Uは、「つんつべ♂フェス」最多出演。今回は1期生の清里千聖(19)、土方瑛里香(18)、氷室のどか(19)、2期生の長澤キャサリン雅子(18)、玉置亜弥(18)、3期生の荒木美穂(15)、斉藤萌(16)、大野咲貴(18)の7名が参加。1期生以外は全員初つんつべ♂というフレッシュさ。キャプテン・清里は「つんつべ♂で初めて他のアイドルさんと共演しましたが、いつも勉強になります。とくにハロプロ系の方の盛り上げ方は、ずっと名古屋にいたらわからなかった」と、とびきりのスマイル。所属事務所の奥田晋一社長が手がけた新曲「うぬぼ~れカフェオーレ」も好反応だった。

バクステ外神田一丁目 - アーティスト情報

カフェ&レストラン「アフィリアグループ」の都内3店舗を代表するメンバーから構成された12人組、アフィリア・サーガ・イーストは、学校の制服をモチーフにしたキュートなコスで登場。11月13日に発売される9thシングル「SURVIVE!!」も反響大だった。

トリは、つんつべ♂ファミリーには欠かせない歌良し踊り良しのTHE ポッシボー。「なんじゃこりゃ!?」や「永遠ファイヤーボール!」といったナンバーでファンを熱くさせ、会場の温度をグンと高める。さすが、圧倒的な存在感を放つ彼女たちのパフォーマンスはつんつべ♂全体のグレードを高め、引っ張っていると言って過言ではない。他のアイドルたちもポッシのステージングに惹かれ、笑顔で振りコピをしながら応援している姿が実に印象的だった。

そして、先日、初のワンマンライブも成功させ人気急上昇中のアップアップガールズ(仮)から、この日は関根梓(16)と新井愛瞳(14)の2人が登場。昼公演では「バレバレI LOVE YOU」、夜は「アッパーカット!」を披露して盛り上げた。さらにスペシャルな企画として、その2人に愛乙女★DOLLの岩崎夢生(19)、AeLL.の石條遥梨(19)を加えた“ハジっ子”と、バクステ外神田一丁目・相原莉奈(19)、NGP研修生・藤澤新奈(11)、SCK GIRLS・りかこ(12)が参加した注目のミニマムユニット“つんつぶ♀”も登場。グループを超えたコンセプト重視のユニットは、今後の展開が実に楽しみだ。

アイドル戦国時代と言ってもどこから見たらいいのかわからない…そんなアイドル初心者も、毎回、確かな目で厳選されたアイドルを集め、さらに企画ユニットなどでメンバーの新たなキャラクター性を存分に発揮させる「つんつべ♂」なら間違いなく楽しめる。

取材・志和浩司
アイドルサイトIDOOOLにて『志和浩司のアイドル・スープレックス!』連載中
(i.listen.jp/st/sp/sp/idoool/column.html)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング