指原莉乃、2ndシングルで新ユニット“アンリレ”とコラボ、新曲MVも解禁

リッスンジャパン / 2012年9月26日 15時0分

写真

指原莉乃、2ndシングルで新ユニット“アンリレ”とコラボ、新曲MVも解禁(Listen Japan)

5月にシングル「それでも好きだよ」でソロデビューを果たしたHKT48・指原莉乃が、10月17日に2ndシングル「意気地なしマスカレード」を“指原莉乃 with アンリレ”名義でリリースすることがわかった。

“アンリレ”とはAKB48の入山杏奈(アンナ)・川栄李奈(リナ)・加藤玲奈(レナ)の3名で結成された新ユニットで、それぞれの名前の頭文字をとって秋元康氏により命名された。9月24日に放送されたフジテレビ系「えっ!?マジで!?秋の歌祭り!HEY!HEY!HEY!お台場から生放送スペシャル!!」で4人のパフォーマンスが初披露されるやいなやファンの間で一躍話題に。ミュージックビデオは“川栄李奈センターver.”“指原莉乃センターver.”、そして“映画『劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール』特別編集版”の3バージョンが制作され、Not yetなどAKB48グループのミュージックビデオではおなじみの中村太洸氏が監督を務めている。“川栄李奈センターver.”では指原莉乃のソロシングルにも関わらず、ダンスしかしない川栄李奈がセンターにいるという驚きのフォーメーションに注目だ。

アンリレとの共演について指原は「最初、このフォーメーションでやるって聞いたときは全然納得できなかったです・・・。だって、そうですよね!私のソロシングルなんですよ?!正直、自分の中で消化するまでに時間がかかりました。でも、もう今年で20歳になるし、お姉さんとしてもっと大人にならなきゃ、と思い直しました。今では、“アンリレ”のメンバーみんなが協力してくれるということで凄く嬉しく思っています。一緒に協力し合って活動して行きたいです。ただその反面先輩として頑張らなきゃと強く思っていますし、ソロシングルでこのような試みもAKBっぽいと思いますし本当に頑張りたいと思います。」と語っている。

AKB48 - アーティスト情報

アンリレメンバーはミュージックビデオを撮影してみて「すごく緊張したんですけど、指原さんがたくさん話しかけてくれたのでとても楽しかったです。PV撮影では3着衣装を着ました。いろんな衣装を着たことが無かったので、とても新鮮でした。(川栄李奈)」「Music Videoの撮影、本当に楽しかったです。人数が4人と少なかったので、みんなでワイワイガヤガヤして楽しかったです!衣装を3着きました。それぞれカッコよかったり、セクシーだったり、可愛かったりして全部着られて嬉しかったです。これからみんなで楽しくやっていけると思います。(加藤玲奈)」「Music Videoの撮影は普段よりも人数が少ないのでとても緊張していたのですが、指原さんがすごく盛り上げてくれたので楽しくできました。ダンスを覚えるのが苦手なのですが、練習できる時間があったし、指原さんが一緒に合わせようとフォローしてくれたので、本番はちゃんとできたと思います。(入山杏奈)」と喜びを語っている。そんなミュージックビデオは本日よりYouTubeに一部公開されているので是非チェックしよう。

そして、CDのType-A収録の「ifの妄想」と劇場盤収録の「遠い街へ」は指原莉乃が作詞に初挑戦。指原は「初めて作詞を担当して本当に勉強になりましたし自信になりました。戸惑うこともあったのですが最終的に良い経験となりました。一生懸命考えたのでみんなに聴いてもらいたいです。」と想いを語っている。さらにType-Bには広末涼子のカバー曲「MajiでKoiする5秒前」を、博多盤のType-CにはHKT48・兒玉遥が博多弁振替を担当した「意気地なしマスカレード 博多弁 ver.」が収録される。博多弁ver.について「すごく面白かったです!“博多弁ってこんな言い方するんだ”と勉強になりました。収録されるか分かりませんが、私の出身地の大分弁でも一部収録したんですよ!」とレコーディング秘話を語っている。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング