BABYMETAL、初の生バンド演奏でモッシュ・ヘドバン大会、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」待望のCD化

リッスンジャパン / 2012年10月6日 21時0分

写真

BABYMETAL、初の生バンド演奏でモッシュ・ヘドバン大会、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」待望のCD化(Listen Japan)

SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人からなる、アイドル界のダークヒロインことBABYMETAL(ベビーメタル)が6日、渋谷O-EASTにて初のワンマンライブ「I、D、Z~LEGEND“I”を開催。会場に埋め尽くした約2,600人のファンを熱狂させた。

神秘的なSEからスタートした1曲目「BABYMETAL DEATH(仮)」は、BABYMETAL史上もっとも高速で激しくブルータルなシンフォニックデスメタルナンバー。会場が一体となって「DEATH!! DEATH!!」と掛け声を繰り返すシーンはまるで“ミサ”の儀式の様で、とてもアイドルのライブとは思えない異様な雰囲気に包まれた。

MCを挟まず立て続けに「いいね!」「君とアニメが見たい? Answer for Animation With You」「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」を披露しフロアは汗だく状態に。続けてYUIMETALとMOAMETALのコンビ“BALCK BABYMETAL”による「おねだり大作戦」を初披露。ちびっ子コンビがラップメタルを披露し、天使の顔をしながらも悪魔のささやきで可愛くおねだりするキュート&ハードな楽曲だ。

続いてSU-METALの初のソロ曲となる新曲を披露。高速ツインギターとツーバスのドラムにドラマチックなストリングスフレーズ、そこにSU-METALのエンジェルボイスが奏でる泣きのメロディー、様式美系ガチメタルファンにはたまらないメタルの魂が込められた一曲だ。

ラストはデビュー曲でもある「ド・キ・ド・キ☆モーニング」。会場は「リンリンリンッ!!」「ちょ待って!!ちょ待って?!!」の大合唱となった。

アンコールに突入するが、ここでメタルの神“キツネ様”がツインギター、ベース、ドラムの神々を降臨させるというVTR説明のもと、“メタルの神”によるBABYMETAL初となる生バンド演奏が披露されることに。

さくら学院 - アーティスト情報

サブステージに設置された棺桶からSU-METALが蘇るというパフォーマンスから、生バンドを従えてアンコール1曲目の「ヘドバンギャー!!」に突入。生バンドが繰り出す爆音でイントロからフロアは「ヘドバン!!ヘドバン!!」の大ヘドバン大会に。

そしてアンコールラストはBABYMETAL結成時からライブでしか披露されていないガチメタルナンバー「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を生バンドで演奏。強烈なツーバスドラムと速弾きツインギターの爆音が会場に鳴り響き、SU-METALも生バンドに負けないパワフルで伸びやかなボーカルを披露。サビでは会場が「ダメ!ダメ!ジャンプ」で一体となり、「We are BABYMETAL!!」の掛け声でフィナーレを迎えた。

ライブの最後にはワンマンライブ第2弾となる「I、D、Z~LEGEND“D” SU-METAL聖誕祭」赤坂BLITZ公演決定と、BABYMETALが歌う“世直しメタル”ソング「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が2013年1月9日にリリースされることが発表された。

BABYMETALは2010年に”さくら学院”の部活動ユニット・重音部として「メタルとアイドルの融合」をテーマに結成され、その愛らしい容姿とメタル楽曲のギャップから口コミで徐々に噂が広がっていくなか、満を持してYouTubeで公開されたミュージックビデオ『ド・キ・ド・キ☆モーニング』は海外からのアクセスが殺到。その視聴回数は100万回を超え、現在も伸び続けている。

今年8月には「SUMMER SONIC 2012」に初出演し、メタルの様式美とオマージュに溢れる演出の中で壮絶なダンスと抜群の歌唱力を生かしたパフォーマンスを繰り広げ、アイドルファン以外にもメタルファンやロックファンを巻き込み、アイドルの枠を超えて注目を集めた。今年7月に初の単独音源『ヘドバンギャー!!』を発売し、オリコンシングルデイリーランキングでは初登場14位、インディーズCDとしては初登場1位と、インディーズ作品ながらもオリコンウィークリーランキングでTOP20にランクインした。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング