デス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン・ギバード初ソロ作、全曲試聴がスタート

リッスンジャパン / 2012年10月10日 13時0分

写真

間もなくキャリア初のソロ作を発売するデス・キャブ・フォー・キューティーのベンジャミン・ギバード(Listen Japan)

デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン&ソングライター、ベンジャミン・ギバードのキャリア初となるソロ・アルバム『フォーマー・ライヴズ』が10月17日にリリースされるが、発売を前に本作の全曲試聴がスタートした。

Death Cab For Cutie - アーティスト情報

ここ8年の間にベン自身により書かれた楽曲12曲を収録した本作は、長年の友人でもあるアーリマートのアーロン・エスピノーザによりアーロン所有のスタジオ「The Ship」で録音された。またその幅広い交友を窺わせるゲストとして、エイミー・マンやサン・ヴォルトのマーク・スペンサー、トリオ・エラス、さらにスーパーチャンクのジョン・ウースター他が参加、デス・キャブの作品の制作の傍らで常に曲を書き続けて来たというように、バンドの作風とは全く異なるシンガーソングライター、ベンジャミン・ギバードの魅力が凝縮された作品となっている。

なおフル試聴はYouTube上で全曲ノンストップでストリーミング配信されている。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング