SPYAIRのENZEL☆、初の武道館をもって脱退

リッスンジャパン / 2012年10月11日 13時0分

写真

SPYAIR、DJのENZEL☆が脱退を発表(写真右から2人目)(Listen Japan)

5人組ロックバンド・SPYAIRのENZEL☆(DJ)が、12月18日(火)に行われるバンド初の日本武道館公演をもって脱退することが発表された。

ENZEL☆は脱退の理由について、「路上ライブから始めたSPYAIRがデカくなるスピードは、僕が思ってるよりもずっと速くて、ついに日本武道館というステージに立てるまでになりました。そんな中、音楽をメンバーに任せっきりにしてきた自分が、この先どうするのかを真剣に考えた時、自分はバンドの一員としてやっていくことが難しいという結論に至りました。」と胸の内を吐露。

また他メンバーは、「俺たちはENZEL☆の考えを尊重して、最高のかたちで送りだしてあげたい。だから、5人のSPYAIRとして最後の舞台に、俺たちの今までの最大のチャレンジでもある武道館を選んだ。メジャーデビューして、これまでの俺たち5人の軌跡を、武道館で見せたいと思っている。」と、特別な意義を持つ武道館公演に向け、決意を新たに語っている。

SPYAIRは2005年に愛知県で結成、2010年8月にシングル「LAIR」でメジャーデビュー。2009年に加入したENZEL☆は、その明るいキャラクターからニコニコ生放送で個人レギュラー番組も持つなど、バンドのムードメーカー・ライブの盛り上げ役として親しまれていた。

SPYAIR - アーティスト情報

<ENZEL☆ コメント>

栄公園での路上ライブ、メジャーデビュー、東京での生活、たくさんのメディアへの出演、初のワンマンツアー!僕のSPYAIRでの日々はそのどれもが最高に刺激的で充実した毎日でした。
そしてなによりも、たくさんの応援してくれるファンのみんなと触れ合う時間は僕にとってほんとうにかけがえのない時間でした!
思い返すと、本当に多くの人に僕は支えられてきたんだなと、今更ながら実感してます。

路上ライブから始めたSPYAIRがデカくなるスピードは、僕が思ってるよりもずっと速くて、ついに日本武道館というステージに立てるまでになりました。
そんな中、音楽をメンバーに任せっきりにしてきた自分が、この先どうするのかを真剣に考えた時、自分はバンドの一員としてやっていくことが難しいという結論に至りました。
ワガママとはわかりつつも何度もメンバーやスタッフに話して理解してもらいました。

僕はSPYAIRを脱退します。

脱退後は、自分がほんとうにやりたいことを探しに世界をみてきます!
知らない土地の、知らない街で、知らない人と、今まで以上にもっともっとたくさんの経験をして、自分の意思でこれから先の人生を決めていきたいです!

正直ものすごく怖いし、すぐに帰ってきちゃうかもしれません!
だけど一度だけの人生だし、どこまでいけるか自分を試してみたいと思っています。
今後は、誰よりもSPYAIRを愛するいちばんのファンとして、SPYAIRを応援していきたいと思っています。

ほんとうにありがとうございました!!!!!!!!!
最後の最後まで全力で楽しむぜぇーっと!

2012年10月11日 SPYAIR ENZEL☆

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング